« 京島夏景色(2) | トップページ | 猛暑日がなんぼのもんじゃい(3)  »

2007年8月20日 (月)

演芸場通り商店街 北区中十条

京浜東北線東十条駅と埼京線十条駅とを結ぶ演芸場通り。古くからの建物は少ないのですが、夕暮れに歩くと温かみや懐かしさを感じさせてくれます。
ところで、十条仲原から中十条に向かう途中、歩行者専用の小さな踏切に"赤羽線"という標識が付いていたのでググってみたところ、埼京線というのは運転系統の名称にすぎず、正式な路線名は山手線(大崎~池袋)、赤羽線(池袋~赤羽)、東北本線の別線(赤羽~武蔵浦和~大宮)なんだそうです。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

Imgp8546 *ist DS+smc PENTAX 1:2.8 24mm/RAW
(2007.08.03撮影)






Imgp7378*ist DS+PENTAX-M 50mmF1.7/RAW
(2007.07.01撮影)






PENTAX PEOPLE に参加しています !!

|

« 京島夏景色(2) | トップページ | 猛暑日がなんぼのもんじゃい(3)  »

北区」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。「赤羽線」という文字に懐かしさを感じ、コメントしてしまいました。私が子供の頃は、池袋~赤羽間の赤羽線を、黄色い電車が行ったり来たりしてたものです。街中に「赤羽線」の名がまだ残っていたとは、意外でした。

投稿: ganchan | 2007年8月23日 (木) 00時12分

ganchanさん
コメント、ありがとうございます。
先日、テレビ朝日の"タモリ倶楽部"で「バス停は昔の名前で出ています」というテーマを取りあげていました。内容は、まさに"バス停地名学のすすめ"の世界。地名学の奥深さに改めて感心した次第です。

投稿: Rambleer5439 | 2007年8月23日 (木) 07時02分

中十条、タマらんですね~。
1枚目なんて、「これぞキング・オブ・商店街」という風情です。
「おつけもの」と看板にはありますが、店先のフタをされた樽は、ひょっとして味噌ですか?
いや、漬け物にしても、これだけ自家製のものを揃えるなんて、今日び、並の店じゃないですよね。
秋風が吹いて自転車が苦痛ではなくなり始めたら、早速出かけてみたいです。

投稿: マフィンマン | 2007年8月25日 (土) 19時47分

マフィンマンさん
埼京線十条駅で下車し、まずはマフィンマンさんが"金盥の路地"と命名した場所を探すべく上十条の小径を歩き(すぐに見つかっちゃうと歩く楽しみが少なくなるので、1日1本に決めています)、そのあと中十条を経由して東十条・赤羽方面に進撃するというのが、最近のパターンです。
北部戦線には、いい商店街が多いですね。対面販売の楽しさ、温かさが、まだまだ残っているような気がします。東十条駅北口から中十条側に抜ける道沿いにも、いい雰囲気の商店街がありました。三脚持参でキッチリ撮ってやろうと思っています。

投稿: Rambleer5439 | 2007年8月25日 (土) 22時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 京島夏景色(2) | トップページ | 猛暑日がなんぼのもんじゃい(3)  »