« 落ち穂拾い(1) 杉並区和泉 | トップページ | お気に入りの小径 中野区中央 »

2007年8月23日 (木)

落ち穂拾い(2) 墨田区八広

「ようやく涼しくなったと思ったら、雨かよっ ! 」と独り淋しくツッコミつつ、落ち穂拾いシリーズ第2弾。遠雷にせかされながら、京島から東向島駅にむかう途中で見かけた情景です。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

Imgp8750 *ist DS+smc PENTAX 1:2.8 24mm/RAW
(2007.08.05/墨田区八広3丁目)


Imgp8761 *ist DS+smc PENTAX 1:2.8 24mm/RAW
(2007.08.05/墨田区八広4丁目)



PENTAX PEOPLE に参加しています !!

|

« 落ち穂拾い(1) 杉並区和泉 | トップページ | お気に入りの小径 中野区中央 »

墨田区-2」カテゴリの記事

コメント

同じ墨東で隣り合った街なのに、京島と八広では街の感じがまるで違いますね(八広、いまだに苦手です)。
八広は町工場が多いのでしょうか。
街の成り立ちが異なるのが一目瞭然です。
今度、墨田区史でもひもといて勉強してみます。

投稿: マフィンマン | 2007年8月23日 (木) 23時00分

マフィンマンさん
仰る通り、八広は京島に比べると工場(家内工業的なものを含めて)が桁違いに多いですね。機械油の匂いが好きな変態オヤジには堪らない街の一つです。灯ともし頃に歩いたことはないのですが、こんにゃく稲荷商店街や八広駅周辺の商店街には、かなり期待しています。

投稿: Rambleer5439 | 2007年8月24日 (金) 12時07分

1枚目の写真からグッ!と来るものがありました。
何処か取り残された感がするものの現役の建物のようです。
郵便ポストの口が塞がれていないところを見ると生活しているようですが実際はどうなのでしょう?
しかし自転車のサドルはホコリが貼付いたように残っているところを見ると廃車になってから大分経っているようです。

投稿: あおい | 2007年8月26日 (日) 05時14分

あおいさん
1枚目の建物は木工関係の作業場を兼ねた住居のような佇まいでしたが、使われている気配はありませんでした。夕方に出くわしたせいかもしれませんが、暮らしがそのまま化石になってしまったかのように感じてシャッターを切りました。

投稿: Rambleer5439 | 2007年8月26日 (日) 06時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 落ち穂拾い(1) 杉並区和泉 | トップページ | お気に入りの小径 中野区中央 »