« 危ないお店? 北区東十条2丁目 | トップページ | モノクロ紀行(1) 中野区中央 »

2007年7月15日 (日)

がんばれ小さな商店街 中野区若宮

駅から離れた商店街が、どこもかしこも大苦戦を強いられている昨今、踏みとどまっているお店に出会うと嬉しくなります。遠くの大型スーパーより近所の商店街 - さらに高齢化が進めば、必ずそういう時代が来ます。がんばれ近隣商店街 !!
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

Imgp7711*ist DS+smc PENTAX 1:2.8 24mm/RAW
(3つのお店が入った生鮮マーケット)


Imgp7835 *ist DS+smc PENTAX 1:2.8 24mm/RAW
(店の中にポンプのある魚屋さん)



PENTAX PEOPLE に参加しています !!

|

« 危ないお店? 北区東十条2丁目 | トップページ | モノクロ紀行(1) 中野区中央 »

中野区」カテゴリの記事

コメント

ほんとに元気な商店街を見ると嬉しくなります、年寄りは郊外型スーパーで まとめ買いとはいきませんからね、それまで頑張っていて欲しいですね。

投稿: 遍路人 | 2007年7月15日 (日) 14時54分

遍路人さん
食品(魚/肉/青果/豆腐/惣菜/酒)や日用雑貨のお店、蕎麦屋、ラーメン屋、喫茶店、居酒屋、理容店、クリーニング店ぐらいは近所にあって欲しいですね。バスで買い出しにでかけるお年寄りを見かけるたびに、そう思います。

投稿: Rambler5439 | 2007年7月15日 (日) 17時55分

おお、まさに店の中に井戸が!
霊園内で花を売っている店で井戸を使っている光景は見たことありますが(雑司ヶ谷霊園)、魚屋というの初めて拝見しました。
裸電球がご主人の白い仕事着の背中を優しく照らして、街の商店の風情が強調されていますね。

つい最近、母親と話していてフーンと思ったのですが、東京では商店街と同様、町医者も廃業や移転が相次いでおり、郊外より医療過疎になっているようですね。

投稿: マフィンマン | 2007年7月15日 (日) 21時57分

マフィンマンさん
2枚目の魚屋さんは、ポンプや"魚登美"という店名が墨書連れた木箱からブロック塀の上に並べられた鉢植にいたるまで、全てが見事のひと言でした。あらためてじっくり撮らせてもらおうと思っています。
ここ数回、中野区北部を歩いているのですが、西武新宿線(新井薬師-鷺ノ宮)と早稲田通りに挟まれたエリアには、予想以上にいい情景が残っていました。池袋や王子、十条あたりを起点に北部戦線を歩いたのち、中央線沿線(中野-阿佐ヶ谷間)に抜けるルートを開拓するつもりです。

>町医者も廃業や移転が相次いでおり

ご母堂の仰るとおり、廃業した医院の建物をよく見かけます。医療サービスの世界でも大型店(総合病院)に個人商店(開業医)が駆逐されつつあるのでしょうか。
これだけ勤勉に働きつづけてきた挙げ句にこのざまとは、どうやら我々の社会はグランドデザインを間違っちゃったみたいですね。

投稿: Rambler5439 | 2007年7月15日 (日) 22時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 危ないお店? 北区東十条2丁目 | トップページ | モノクロ紀行(1) 中野区中央 »