« 夜の道で(3) 新宿区上落合 | トップページ | 夜の道で(4) 中野区中央 »

2007年7月26日 (木)

ややっこしい 渋谷区本町

東京には"本町"という地名がけっこうあります。が、間に弥生町が挟まっているとはいえ、中野区本町と渋谷区本町の距離は狭い所で50mもありません。はじめて歩いたときには大混乱に陥ってしまいました。
今日ご紹介するのは渋谷区本町。もともとの地名は幡ケ谷村本村だそうです。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

Imgp8133 *ist DS+smc PENTAX 1:2.8 24mm/RAW







Imgp8146 *ist DS+PENTAX-M 50mmF1.7/RAW







Imgp8136 *ist DS+smc PENTAX 1:2.8 24mm/RAW



PENTAX PEOPLE に参加しています !!

|

« 夜の道で(3) 新宿区上落合 | トップページ | 夜の道で(4) 中野区中央 »

渋谷区」カテゴリの記事

コメント

自分の生まれは中野区本町二丁目です先日訪れて見ましたが子供の頃の痕跡も有りませんでした、在ったのは墓地だけでした。

投稿: 遍路人 | 2007年7月26日 (木) 12時23分

遍路人さん
中野区本町2丁目は変わっちゃいましたねー。再開発前の中野坂上界隈しか知らない人は、おそらく知らない街にきてしまったと錯覚してしまうのではないでしょうか。ただ、東京工芸大学(昔の東京写真大学)付近には、昔ながらの小径や下見板張りの家なども残っています。

投稿: Rambleer5439 | 2007年7月28日 (土) 08時45分

街撮りを始めて、
「いなり寿司屋って意外に多い」
ということに気づきました。
中には和菓子と合体している店もありますが、このように、のり巻きなどと一緒に製造・販売する店の方が圧倒的に多いですよね。
蕎麦もそうですが、大昔からある軽食の習慣の一つなんでしょうかね。

投稿: マフィンマン | 2007年7月29日 (日) 08時50分

マフィンマンさん
和菓子屋さんのお稲荷さんやカンピョウ巻きは、懐かしい味がするんですよねえ。昨年の春、早稲田にある和菓子屋さんで、開口部を"桜でんぶ"で飾ってあるお稲荷さんを見かけ、たまらず買い食いしたことがあります。遠足や運動会のときに食べたお袋のお稲荷さんと同じ味でした。

投稿: Rambleer5439 | 2007年7月29日 (日) 09時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夜の道で(3) 新宿区上落合 | トップページ | 夜の道で(4) 中野区中央 »