« 路地暮らし 足立区柳原2丁目 | トップページ | 大通りの向こう側 »

2007年6月25日 (月)

花やしき遊園地あたり 台東区浅草2丁目

人混みは苦手なので浅草寺周辺は避けていたのですが、台東区の小径を踏破しつくすためには、悠長なことばかりも言ってられません。まずは小手調べに、花やしき遊園地の裏手あたりを歩いてみました。記憶が確かなら、35年ぶりです。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

Imgp6747 *ist DS+PENTAX-M 50mmF1.7/RAW







Imgp6742 *ist DS+PENTAX-M 50mmF1.7/RAW







Imgp6769 *ist DS+PENTAX-M 50mmF1.7/RAW







PENTAX PEOPLE に参加しています !!

|

« 路地暮らし 足立区柳原2丁目 | トップページ | 大通りの向こう側 »

台東区-2」カテゴリの記事

コメント

「花やしき」という名前は、確かマンガの両さんで読みましたが、なぜ焼き肉屋さんが多いのでしょうね?大阪にも鶴橋という焼き肉屋さんが多い場所があります。でも、ちょっと有名になると・・・なんですが。赤色も綺麗だし、やはりM50/1.7も良いレンズですね?といってもやはり「腕」ですよ、Rambler5439の。

投稿: matu | 2007年6月25日 (月) 21時09分

ぐはっ、焼き肉屋が圧倒的な“焼き加減”で迫ってきますね。
看板の一枚一枚からジュルジュルと濃い肉汁がしたたり落ちそうです。
花やしき裏、いつ見ても壁と窓が好い風情です。
花やしきは、この裏手に限りますね。
ところで、この“壁絵”は一定期間ごとに塗り替えられるのでしょうか。
私が昨夏、訪れた時とは絵が異なるような……。

投稿: マフィンマン | 2007年6月25日 (月) 22時57分

matuさん
東京の下町には、いたるところに小さなコリアン・コミュニティがありますので、この一画もそうなのかもしれません。
最近は24mm/F2.8でも撮っているのですが、50mmばかり使っていたせいか、ピント合わせもままならない状態で、なかなか作例をアップできないでいます。フレクトゴンが欲しくなってきた今日この頃です。

投稿: Rambler5439 | 2007年6月26日 (火) 11時26分

マフィンマンさん
午後の早い時間だったこともあって、焼き肉屋さんは一軒も営業しておらず、仕込みをしている人たちの声だけが響いていました。もっと雰囲気のある一画だったのですが、ワンパターンの写真になってしまい、やや落ち込んでいるところです。浅草2丁目には歩いていない小径がまだたくさん残っていますので、いずれ撮り直すつもりでいます。

>私が昨夏、訪れた時とは絵が異なるような……

35年ぶりなので何とも言えませんが、塗料はかなり色褪せているような印象でした。

投稿: Rambler5439 | 2007年6月26日 (火) 11時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 路地暮らし 足立区柳原2丁目 | トップページ | 大通りの向こう側 »