« 日向の匂い  | トップページ | 新宿2丁目で"どんだけえー"と叫んだ日  »

2007年6月 8日 (金)

電信柱が101本 墨田区八広

墨田区八広を南北に貫く小径をたどっていた先週の午後、唐突に"電信柱が101本"というフレーズが脳裡をよぎりました。気になったのでググってみたところ、昭和38年に流行った森永コーラスという乳酸飲料のCMソングの一部であることが判明。と、不思議なことにメロディーも甦ってきました。

  電信柱が101本
  森永コーラス飲〜んだ
  もらったヨーヨー101個
  学校の帰りにブラブラブラブラ

なぜそんなワンフレーズを思い出したのか、いまでも皆目見当がつかないままです。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

Imgp3562 *ist DS+PENTAX-M 50mmF1.7/RAW



Imgp6381 *ist DS+PENTAX-M 50mmF1.7/RAW



Imgp3578 *ist DS+PENTAX-M 50mmF1.7/RAW



PENTAX PEOPLE に参加しています !!

|

« 日向の匂い  | トップページ | 新宿2丁目で"どんだけえー"と叫んだ日  »

墨田区-2」カテゴリの記事

コメント

二枚目すごくお気に入りです。もっと大きななサイズで見せて欲しいなぁとおもうぐらいすごいです。お店の雨よけの色やバイクのかごの色の再現なんてマネできそうにもありません。

投稿: matu | 2007年6月 9日 (土) 23時12分

3枚目の木戸の裏側に貼ってある白い紙は「護摩」でしょうか。
長年月ですっかり黒くくたびれてしまった板に潔い光を放っていますね。
こういう木戸の構造もよく分かって、ちと興味深いです。
「電信柱」の歌、私は知りませんでした。さすが昭和30年代。「街の景観」とか「電線地中化」なんてクソ食らえですね。

投稿: マフィンマン | 2007年6月10日 (日) 07時58分

matuさん
いつも過分コメントを、ありがとうございます。励みになります。
アップした3枚は、いずれもストレートに現像したもので、ブログ用にリサイズする際に若干シャープネスを強めました。同じ被写体でも、夕方に撮ると独特の雰囲気になるような気がします。光というのは不思議ですね。

投稿: Rambler5439 | 2007年6月10日 (日) 09時13分

>マフィンマンさん
3枚とも八広4丁目にある昔ながらの商店街(といっても残っている店は数軒だけです)で撮ったものです。小さな将棋会所もあって、日曜日夕方にはギャラリーを含め大繁盛の様子でした。そのうち僕も参戦しようと思っています。
3枚目の貼紙は護摩札です。やはり古い建具や壁に貼られていると趣が違いますねー。わが家にも母が送ってくれたものがあるのですが、処置に困っています。
"電信柱が101本"は、少なくとも昭和30年代末の東北の田舎町では大ヒットしました。「学校(がっこ)の帰りにブラブラブラブラ」のところで、悪ガキども全員でチンコを振るというのが正しい振り付けです。

>「街の景観」とか「電線地中化」なんてクソ食らえですね。

少なくとも電線地中化なんていうことは、地震や洪水災害が頻発する我が国には合いません。通りには電線ゴチャゴチャ、窓辺には布団がズラリ、そして軒下には洗濯物ヒラヒラというのが"美しい日本"の在り方ですゾ。

投稿: Rambler5439 | 2007年6月10日 (日) 09時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日向の匂い  | トップページ | 新宿2丁目で"どんだけえー"と叫んだ日  »