« 下痢にビビってられるかってんだ | トップページ | 春風邪 »

2007年5月 6日 (日)

夜間中学のある街 墨田区文花

5月3日夜、長く下町の夜間中学で教鞭をとり、山田洋次監督の映画『学校』の登場人物のモデルともなられた見城慶和さんが出演する番組"人生の歩き方 見城慶和 夜間中学校は僕らのふるさと"の第4回が放送されていました。そのなかで紹介されていたのが見城さんが5年間勤務された文花中学校。学んでいる方々のエピソードも交えた構成で、見応えたっぷりでした。5月7日(月)から10日(木)の早朝5時5分〜5時30分にも再放送されるようです。詳細はこちら を参照してください。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

1161_1 *ist DS+PENTAX-M 50mmF1.7RAW







1163 *ist DS+PENTAX-M 50mmF1.7RAW







1165 *ist DS+PENTAX-M 50mmF1.7RAW







1162_1 *ist DS+PENTAX-M 50mmF1.7RAW




PENTAX PEOPLE に参加しています !!

|

« 下痢にビビってられるかってんだ | トップページ | 春風邪 »

墨田区-2」カテゴリの記事

コメント

Rambler5439さんの描く墨東の写真を拝見したり、地元の人を聞くたびに、東京大空襲は必ずしも隅田川一帯の街を全て焼き尽くしたわけではない、と改めて思います。
玉ノ井が焼亡した一方で、京島2丁目は焼けなかった――といったように、地獄と幸運とがまだら模様に展開されたのが墨東なんですね。
ただ戦後に建てられた建物も、長屋形式が多いせいか、改築されないまま今日に至った物件も多いと思われ、戦前・戦後の区別は、私のような素人にはサッパリです。
4枚目は戦前からの建物でしょうか。
3枚目は戦後のトタン家なのでしょうが、郵便ポストは雨で濡れているのか、焼け跡から発見されたかのような風情です。

投稿: マフィンマン | 2007年5月 6日 (日) 16時21分

ふと思ったんですが、Rambler5439さんの写真はほとんどが「生活」が見えます。キレイだけじゃなくて、そこに住んでいる人の、生き様が見えてきます。

投稿: matu | 2007年5月 6日 (日) 20時30分

Rambler5439さん、ご体調はもう大丈夫なのでしょうか(^_^)
見城慶和さんについてはほとんど存じ上げておりませんでした。
NHK見てみます。


投稿: readymade_ayu | 2007年5月 7日 (月) 05時13分

マフィンマンさん
我々が何気なく撮っている情景の背後には、その街の歴史や暮らしている人たちが綴ってきた物語が隠れている。最近、リアルにそう考えるようになってきました。むやみに歩きまわるだけでなく、一つの街にじっくり取り組んでみるべきなのではないか、と迷いはじめているところです。

投稿: Rambler5439 | 2007年5月 7日 (月) 08時58分

matuさん
過分のコメントをありがとうございます。
僕は勝手に観念を膨らませては、その観念に酔いしれてしまう傾向があります。だから散歩の時には、できるだけ余計なことは考えずにシャッターを切るようにしています。

投稿: Rambler5439 | 2007年5月 7日 (月) 09時32分

readymade_ayuさん
どうやら風邪をひいてしまったようです。"プチ放浪"がたたったのかもしれません。
ある高僧が「人間はすこしすこし貧しいほうが幸福になれる」といった意味のことを語っているコラム記事を読んだことがあります。番組を見ているうちに、あらためて納得しました。

投稿: Rambler5439 | 2007年5月 7日 (月) 09時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 下痢にビビってられるかってんだ | トップページ | 春風邪 »