« 千束点描 台東区千束 | トップページ | 荒川区点描(1) 2007年春 »

2007年5月20日 (日)

西浅草細道紀行 台東区西浅草

田舎で育ったせいか人混みが苦手なので、浅草寺周辺には近づかないようにしているのですが、松が谷に隣接する西浅草は別。しもた屋と小商いの店が軒を連ねる情景を見ると、本当の東京を見つけたような気分になります。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

1166 *ist DS+PENTAX-M 50mmF1.7/RAW







1167 *ist DS+PENTAX-M 50mmF1.7/RAW







1165_2 *ist DS+PENTAX-M 50mmF1.7/RAW




PENTAX PEOPLE に参加しています !!

|

« 千束点描 台東区千束 | トップページ | 荒川区点描(1) 2007年春 »

台東区-2」カテゴリの記事

コメント

二枚目 いい路地が残ってましたね、やはり沢山歩かないとめぐり合えませんね、
三枚目 どうなってるのでしょう 近所に所有者がいるんでしょうね でなければ下町はこんな物 放置して置かないですものね。

投稿: 遍路人 | 2007年5月20日 (日) 11時35分

人混みは疲れますね。特に買い物に行ったとき、声をかけれれるのは苦手です。
レンズですが最近は50mmをお使いになる日が多いようですね。絞り具合がすごく良い気持ちの写真を作っているようで、なかなかマネできません。

投稿: matu | 2007年5月20日 (日) 15時55分

西浅草は意識して歩いたことがありませんが、こんなに実力派の街だったのですか。
「浅草界隈は、繁華街は面白いが、それ以外は意外と路地も少なく、つまらん」というのが持論でしたが、ちと反省しております。
3枚目は妖気する漂わせています。何か食い物屋の横丁なんですね。グッときます。
1枚目の蔵も素晴らしいですね。戦災を免れたのでしょうか。日にさらされた壁に年輪を感じます。

投稿: マフィンマン | 2007年5月20日 (日) 23時12分

遍路人さん
日射しが強すぎたので、ロケハン気分で細い道を縫うように歩きまわりました。3枚目は国際通り近くの飲食店が密集する一画で撮ったものです。写ってはいませんが、若い調理人たちが行き交っていました。

投稿: Rambler5439 | 2007年5月21日 (月) 09時22分

matuさん
最近はレンズの着脱が面倒になり、交換レンズも持ち歩かなくなってしまいました。反省しているところです。28mmから120mmぐらいまでをカバーする写りのいいズームがあれば嬉しいんですけどねえ・・・。

投稿: Rambler5439 | 2007年5月21日 (月) 09時31分

マフィンマンさん
日中に歩いたこともあって、あまり写真は撮りませんでしたが、西浅草には路地というより隙間と表現したほうがいいような小径が、けっこうありました。梅雨が明けるころの夕暮れに、じっくり撮り歩こうと思っています。
3枚目は、飲食店街の裏通りで撮ったものです。ナンバーが付いているところを見るとワケアリなんでしょうが、なぜか風景に馴染んでいるように感じました。

投稿: Rambler5439 | 2007年5月21日 (月) 09時38分

Rambler5439さん、最近は路地を撮るのが苦手で路地から逃げています。
会社もちょっと苦手で海ばかり見ています。
久しぶりに路地と向き合いたくなりました。
3枚目の場所に行ってみたい・・・!ココロから素直にそう思いました。

投稿: | 2007年5月21日 (月) 22時25分

readymade_ayuさん
まず5年と決めて東京の小径を歩きはじめて、1年半余りになります。生活のために原稿書きや会議もこなさなければなりませんが、歩くことを最優先にしてきました。でも正直に言うと、自分の頑さ(子供の頃からそうでした)に、やや疲れ気味です。少し肩の力を抜いて、readymade_ayuさんのように"小さな旅"に出掛けようかと考えはじめています。

>会社もちょっと苦手で

ぼくは仕事どころか家族、ときには人生すら苦手に感じることがあります(笑)。そんな時は、亡くなる1週間ほど前に父が漏らした言葉を思い浮かべることにしています。「好きなように生きなさい。ただ自分のためだけに生きる人間にはならないでください」

投稿: Rambler5439 | 2007年5月21日 (月) 23時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 千束点描 台東区千束 | トップページ | 荒川区点描(1) 2007年春 »