« 夕暮れ時の和泉1丁目 | トップページ | 千束点描 台東区千束 »

2007年5月19日 (土)

山谷堀を越えて 台東区清川

浅草側から山谷堀を越え、今戸の街を抜けて清川に入ると、なぜか懐かしい気分になります。路上にたむろする男たちの貌や仕草に、あるいは酔っぱらいのわめき声に、東北人特有の気弱さや優しさをかいま見ることがあるせいかもしれません。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

1156_6 *ist DS+PENTAX-M 50mmF1.7/RAW







1157_6 *ist DS+PENTAX-M 50mmF1.7/RAW







1158_4 *ist DS+PENTAX-M 50mmF1.7/RAW







1159_4 *ist DS+PENTAX-M 50mmF1.7/RAW








PENTAX PEOPLE に参加しています !!

|

« 夕暮れ時の和泉1丁目 | トップページ | 千束点描 台東区千束 »

台東区-2」カテゴリの記事

コメント

以前も書いたかもしれませんが、1枚目のアパートの壁や朽ちつつある簾などの色や風合いは、単焦点レンズならではの味わいなのでしょうか?
私がいつも使っているDS付属のキットレンズ(18-55ミリ)では、どうしてもウソっぽい絵になってしまうんですよ。

投稿: マフィンマン | 2007年5月19日 (土) 22時38分

3枚目の「マンション建設反対」が物悲しいですね。
4枚目のおうちは以前に壁をピンクにリニューアルしたのでしょうが、
現在ではそれさえも落ち着いてしまっているのですね。
時間は止まらないと実感する瞬間です。
あぁ、せめて名前のキョーレツな喫茶店でもあればウレシイのに。

投稿: readymade_ayu | 2007年5月20日 (日) 07時34分

マフィンマンさん
単焦点レンズの魅力は、メリハリの効いた自然なコントラストにあるのかもしれません。解像度の点ではデジタル専用のズームレンズに劣るかもしれませんが、全体的な印象としては"キレの良さ"のようなものを感じます。
現像時に彩度を低めにしていることもすこし影響しているかもしれません。

投稿: Rambler5439 | 2007年5月20日 (日) 11時44分

readymade_ayuさん
半年ほど前、この近くで「挨拶がない」ことを理由にマンション建設に反対する貼紙を見たことがあります。決してヤーさんの貼紙ではなく、「これから隣組になるというのに挨拶がないのは、許しがたい」という下町的な心情からの貼紙だったようです。
近頃の喫茶店は横文字、それもラテン系の言葉が多く、あまり好きではありません。「おっさん、いまは喫茶店じゃなくカフェっていうのよ」とツッコまれそうですけどね(^^;

投稿: Rambler5439 | 2007年5月20日 (日) 12時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夕暮れ時の和泉1丁目 | トップページ | 千束点描 台東区千束 »