« 早春の東向島点描  | トップページ | お久しぶりでござんす »

2007年5月12日 (土)

湯島駅界隈

地下鉄千代田線湯島駅界隈には、昌平橋通りを挟んで、いくつもの異なった表情が潜んでいます。いずれ黄昏時にじっくり歩いてみるつもりです。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

1157_5 *ist DS+PENTAX-M 50mmF1.7RAW
(台東区上野1丁目/昌平橋通り沿いの風景)






1158_3
*ist DS+PENTAX-M 50mmF1.7RAW
(文京区湯島3丁目/湯島天神下のしもた屋)





1159_3 *ist DS+PENTAX-M 50mmF1.7RAW
(文京区湯島3丁目/昌平橋通りの上野側)






PENTAX PEOPLE に参加しています !!

|

« 早春の東向島点描  | トップページ | お久しぶりでござんす »

台東区-2」カテゴリの記事

文京区」カテゴリの記事

コメント

1枚目、2枚目はボクも撮った記憶があります。3枚目はまだ見ていませんが、ご同伴御食事の旅荘なんていう看板は昭和の遺物でもうなくなったと思っていましたが、まだ残っているのですね。

投稿: jitensya7 | 2007年5月12日 (土) 21時52分

3枚目の「御同伴 御食事 旅荘」――こういうのは、昔で言うところの「待合い」でしょうか。
この界隈は、現役の三味線屋があったりして、昔の街の名残を微かにとどめていますよね。
よく分からないのですが、この近所で休日ともなると、日雇いっぽい男たちが何人も佇んでいる光景に出くわしますが、目撃されました?
大昔、新大久保~高田馬場でしばしば見かけた「手配師の元に集まってくる日雇いたち」っぽいのですが、場所柄、かなり奇異な光景なんです。

投稿: マフィンマン | 2007年5月12日 (土) 22時46分

一枚目おもしろいですね。3階が張りぼてにみたいで、映画のセットのようです。でも、二枚目はおもわず、子どもの頃を思い出しました。ちょうど、こんな感じの路地を入っていくと家があったんです。
しかし、東京は面白い街ですね。

投稿: matu | 2007年5月13日 (日) 07時56分

jitensya7さん
昌平橋通りの東側には"昭和な風景"の宝庫でしたが、急速な勢いで消えつつあるように感じます。ちなみに、二十年ほど前には、戦後の混乱期、あの「麻雀放浪記」の時代を彷彿とさせる情景がたくさんありました。

投稿: Rambler5439 | 2007年5月13日 (日) 15時52分

マフィンマンさん
写真は憲法記念日に撮ったものです。上野から湯島にかけての一帯は、連休を楽しむ人たちで大変な賑わいでした。そんなこともあって、日雇い風の男たちは見かけませんでしたが、昨年の春に歩いた際には、確かに"らしい"男たちがいました。上野駅周辺は手配師が出没しても不思議ではない土地柄ではないでしょうか。

投稿: Rambler5439 | 2007年5月13日 (日) 15時56分

matuさん
歩くたびに、東京は新しい貌を見せてくれます。マスメディアは都心部や盛り場中心に取りあげますが、実際の東京はずっと多様で魅力的だと感じています。

投稿: Rambler5439 | 2007年5月13日 (日) 16時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 早春の東向島点描  | トップページ | お久しぶりでござんす »