« 最後の春 | トップページ | 堀切菖蒲園へ »

2007年4月 8日 (日)

墨田区八広

木根川橋に向かう途中で目にした情景です。水辺の街には色褪せた錆がよく似合う。そんな気がします。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

1115 *ist DS+FA35mmF2AL/RAW







1116 *ist DS+FA35mmF2AL/RAW



PENTAX PEOPLE に参加しています !!

|

« 最後の春 | トップページ | 堀切菖蒲園へ »

墨田区-2」カテゴリの記事

コメント

自分には「色あせた錆び」には見えません 充分艶やかに綺麗です?錆びが総て綺麗に見える視覚脳回路を持っている自分が狂っているのかも知れませんが?川の傍で湿度が高いのか?この近辺の波板は良く錆びています、これをみていたらこの辺にまた行きたくなりました。

投稿: 遍路人 | 2007年4月 8日 (日) 16時20分

2枚目が気になります。
奥はドン詰まりかな、と思いきや、街灯があるということは、路地が右にカーブしているのですね。踏み込んでみたいですね~。
すっかり傾いてしまった物干しの支柱、捨てられたのか、乱雑に放置されているサビたトタン壁、そして、極めつけは白いネコですね。
やっぱり墨東は、一癖もフタクセもあります。
ところで、左端も民家なんですよね?

投稿: マフィンマン | 2007年4月 8日 (日) 20時58分

遍路人さん
八広は歩いても歩いても、未踏の道が続いています。その割には面白い情景は少ないような気がします。が、稀にドキッとするような小径に行き当たるので、ここは覚悟を決めて全ての道を歩き抜くつもりです。

投稿: Rambler5439 | 2007年4月10日 (火) 00時35分

マフィンマンさん
1枚目に写っているプレハブ風の建物が、2枚目の左端にある建物です。定かではないのですが、倉庫だったような記憶があります。
墨東の地には、まだまだトンデモない情景が無数に隠れているような予感がしています。倒れない程度に頑張ってみます。

投稿: Rambler5439 | 2007年4月10日 (火) 00時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 最後の春 | トップページ | 堀切菖蒲園へ »