« 春を待つアロエ大通り 新宿区西新宿8丁目 | トップページ | ついてない日 »

2007年3月 1日 (木)

花はどこへいった 新宿区西新宿8丁目

西新宿8丁目には、歩くたびにシャッターを切る場所がいくつかあります。折々の花で飾られた小さな勝手口もその一つだったのですが、4ヶ月半ぶりに訪ねたところ、小さな花園はなくなっていました。ここを丹精していた老婦人に何があったのか。掃き掃除をしていた近所の人に訊いても、要領をえた答えは返ってきませんでした。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

_1893 *ist DS+FA35mmF2AL/RAW
(かつては花々で飾られてい勝手口。資源ゴミの集積場になっていました)





_1895 *ist DS+FA35mmF2AL/RAW
(その西手にある古い長屋の玄関)






_1899 *ist DS+FA35mmF2AL/RAW
(夕暮れの税務署通り)






PENTAX PEOPLE に参加しています!!

|

« 春を待つアロエ大通り 新宿区西新宿8丁目 | トップページ | ついてない日 »

新宿区」カテゴリの記事

コメント

放置されているのではなさそうなので建て替えが迫って花を持って引っ越されたのでは?その先で今 花を付けているでしょう。

投稿: 遍路人 | 2007年3月 1日 (木) 12時02分

西新宿8丁目は一度行ったことがありますが、副都心に近いというのに寂れた場所だったという記憶があります。ここに写っているところも住人はいないのでしょうか。花を丹精していた人のこと気になりますね。

投稿: jitensya7 | 2007年3月 1日 (木) 23時06分

1枚目については私も、植木鉢が一掃されているのを見て、驚きました。長いこと空き家のようですが、「老婦人」はその家の住人なのでしょうか。どうしちゃったんでしょうね。
一方、2枚目のアパートは、写真には写っていない右側1階のお宅がいつも洗濯物をたくさん干しているので、街の息吹を辛うじて感じることができます。
ちょっとよく分からないのですが、この界隈は、どこからどこまでが再開発エリアなんでしょうね。前回アップされたエリアが再開発区域というのは一目瞭然ですが、今回の1~2枚目と成子神社から北側はフツーの民家と空き家が混在していますよね。

投稿: マフィンマン | 2007年3月 2日 (金) 19時37分

この白い細長いドアからロマンチックなイメージを想像してしまいます。
白だからこそそんな気にさせるのでしょうね。

投稿: aoi_color | 2007年3月 2日 (金) 21時16分

Rambler5439さん、1枚目のおばあちゃんの行方が少し心配ですが、
きっと息子さん夫婦と暮らし始めたのでしょうか。
きちんと片付けてこの家を後にした様子が伺えます。

投稿: readymade_ayu | 2007年3月 2日 (金) 23時09分

遍路人さん
レスが遅れ申し訳ありません。
たぶん百回以上シャッターを切った場所なのですが、ついぞまともな写真は撮れませんでした。ここぞ! と思ったら、光の状態が良くなるのを待ってでも記録しておくべきですね。後悔しています。

投稿: Rambler5439 | 2007年3月25日 (日) 20時11分

jitensya7さん
西新宿8丁目も東側(山手線寄り)のエリアは、けっこう人通りがあるのですが、西側(神田川寄り)はひどい有様になっています。丁寧に記録しておきたいと思います。

投稿: Rambler5439 | 2007年3月25日 (日) 20時14分

マフィンマンさん
レスが遅れ、申し訳ありません。
再開発のエリアは銭湯があったあたりから西側(神田川寄り)だと思います。ゼネコンのディベロッパー部門の仕事のようです。今年が最後の春になるかもしれませんので、きっちり撮っておくつもりです。

投稿: Rambler5439 | 2007年3月25日 (日) 20時18分

あおいさん
レスが遅くなり、ごめんなさい。
このドアは、おそらくグレーだったものが長く日光に晒されて白色になってしまったのではないでしょうか。
お気に入りの場所だったので、去年の秋に撮ったRAWファイルを現像し直してみたのですが、やはり上手くいきませんでした。残念です。

投稿: Rambler5439 | 2007年3月25日 (日) 20時24分

readymade_ayuさん
いつも小径を花で彩ってくれていた方でしたから、おっしゃるように幸せになったと信じたいですね。

投稿: Rambler5439 | 2007年3月25日 (日) 20時27分

すぐそばに住む58年目の地の者です。
ここに60年近くお住まいの塗装業のTさんは去年の暮れに売って、中野区の方の新しい家に越されました。隣の空き家が本宅でここは倉庫として使っていたようです。Tさんが買う前は近くの美術書業の会社が倉庫にしてました。そのまえの住人は忘れました。
2階の雨戸の戸袋は毎年渡り鳥さんの子育ての巣になっていますよ。
老婆心ながら一筆。

投稿: おっぽ | 2008年5月27日 (火) 12時27分

おっぽさん
貴重な情報を、ありがとうございました。
引っ越しただけと伺って、ホッといたしました。Tさんは、引っ越し先の中野区でも花を飾ってらっしゃるのでしょうね。
今も数ヶ月に一度はここを通ります。つぎに歩くときは、戸袋の巣を探してみます。

投稿: Rambler5439 | 2008年5月27日 (火) 13時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 春を待つアロエ大通り 新宿区西新宿8丁目 | トップページ | ついてない日 »