« 根津の小径で 文京区根津1丁目 | トップページ | 言問通りの裏側で 台東区上野桜木2丁目 »

2007年2月16日 (金)

ランブル横丁 新宿区高田馬場1丁目

かなりバタバタとていて、コメントの返事もままならない状態です。ごめんなさい。とりあえず写真だけアップしたいと思います。早稲田通り沿いにあるランブル横丁を、2月4日に撮ったものです。渋谷にもランブルという名曲喫茶があった記憶があるのですが、定かではありません。どなたかご存知の人はいらっしゃらないでしょうか。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

Imgp1485 ISO200、1/1000、f2.2、-1.3EV、35mm、RAW







Imgp1487 ISO200、1/500、f3.5、-1.3EV、35mm、RAW



PENTAX PEOPLE に参加しています!!

|

« 根津の小径で 文京区根津1丁目 | トップページ | 言問通りの裏側で 台東区上野桜木2丁目 »

新宿区」カテゴリの記事

コメント

昔 高田馬場らんぶるに通いましたが、表通りに在ったと記憶しています、中は暗く目が慣れて来ても落し物は容易には見つからぬ状態でした、渋谷にも在った記憶が在りますが定かでは有りません、「らんぶる」は平仮名表記と記憶してますが別の店かな、マッチが何処かに保存して在りますので探してみます。

投稿: 遍路人 | 2007年2月16日 (金) 20時31分

何度人の出入りがあったのだろこの扉。
磨きがいのあるステンドグラス。
樹木を思わす石柱もすばらしい。
自分も撮りたいです。
ここは休業中なのですか?建物全体を直に見てみたいです。
是非店内も撮りたいですね。

投稿: aoi_color | 2007年2月16日 (金) 23時21分

Rambler5439さん、ランブル横丁に完全ノックアウトです。
ドアの向こうから危ないジョニー・デップが出てきそう。
お忙しそうですが、お体だけはお気をつけください(^▽^)

投稿: readymade_ayu | 2007年2月17日 (土) 08時21分

遍路人さん
学生時代、1年ほど近所に住んでいたことがあるのですが、早稲田通りに面しているにもかかわらず、この店には気づきませんでした。たぶんランブルという店名の渋谷にあった名曲喫茶には、道玄坂の"牡丹"という雀荘からの帰り、よく立ち寄ったものでした。

投稿: Rambler5439 | 2007年2月17日 (土) 09時45分

あおいさん
この店は廃業してだいぶ経っているようです。裏手も荒れ放題という感じでした。が、横丁の一番奥にある小さな家には、どなたかがお住まいのようでした。こういうお店、最近は少なくなりましたね。

投稿: Rambler5439 | 2007年2月17日 (土) 09時48分

readymade_ayuさん
風邪のお加減はいかがですか。当方は寝不足になるほど遊び回っているだけ。いい歳をしてお恥ずかしい限りです。

投稿: Rambler5439 | 2007年2月17日 (土) 09時51分

私は20年近く前に馬場のランブルに入りました。そのとき、お爺さんのマスターから、最近は音楽をかけると著作権の人が来てお金を取るのでかけることはできないと言われました。それでも何か、と乞うと、それならばとラジカセを持って来てFM放送を聞かせてくれました。当時、すでに店の奥の天井が落ちかかっている状態でした。渋谷のランブルも何度か行きましたが、その話は別の機会に。

投稿: 河童火やろう | 2007年10月 2日 (火) 14時20分

河童火やろうさん
貴重な情報、ありがとうございます。昭和50年ごろ、高田馬場2丁目に1年ほど住んだことがあるのですが、迂闊にも気づかずじまいでした。自分のハンドルネームにも関係のある店ですので、渋谷の情報、楽しみにお待ちしています。

投稿: Rambleer5439 | 2007年10月 2日 (火) 18時42分

前回の続きを書きます。私が初めて渋谷のランブルに行ったのは、1977年でした。大学進学で上京して初めて行った名曲喫茶でした。場所は今の109-2があるところ。山の手線のすぐそばです。当時、あのあたりは、今の渋谷とは違って、古いみすぼらしい店がごちゃごちゃと立ち並んでいる感じでした。すぐ近くに「同伴喫茶」というみすぼらしい小屋がありました。初めて入って吹き抜けみたくなっていて、2階で音楽聴いたんだったかな。ここはおしゃべり禁止でした。知らないで友人と話をしたらボイさんに注意されました。109-2の建設と共に壊されましたが、109-2の地下2階で何年か前まで営業していました。けれども、そのときには、音量も下げておしゃべりも可になっていたので、何回か通って行かなくなり、私は道玄坂のライオンに通うようになりました。ライオンの近く(ライオン手前のカリー屋ムルギーのあたりから、ムルギーの数件奥の角を右折してライオンの通常の入り口とは異なる階段そばの入り口から出て直進した辺りまで)は何軒もジャズ喫茶のあるジャズ喫茶ストリートだったのですよ。今は、ホテルばかりになって。初めて「ロシアン・ティー」を飲んだのもそうした一軒でした。
 さて、現在、営業しているランブルは、新宿の一軒だけになりました。それについては、ご存知かと思いますので、くだくだと述べません。つい、思い出話してしまいました。

投稿: 河童火やろう | 2007年10月 9日 (火) 10時40分

河童火やろうさん
貴重な情報、ありがとうございます。
拝読しているうちに、吹き抜けを中心に何層かのスキップフロアで構成された店内の情景が甦ってきました。濃いブラウンに染められた木材を使った内装だったような気がします。
駒場で暮らしていたこともあって、渋谷のジャズ喫茶にもよく出掛けました。いまでも名前を憶えているのは、道玄坂界隈にあった"音楽館"という店です。大雪が降った日、他の客が来ないことをいいことに、一日中好きなレコードをかけてもらったこともありました。
この10数年、渋谷には出掛けていません。近いうちに歩いてみようと思います。

投稿: Rambleer5439 | 2007年10月 9日 (火) 22時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 根津の小径で 文京区根津1丁目 | トップページ | 言問通りの裏側で 台東区上野桜木2丁目 »