« 商店街の裏側で 亀戸5丁目 | トップページ | 海抜マイナス2m 立花5、6丁目 »

2007年1月14日 (日)

昭和的アパート街 亀戸5丁目

今日ご紹介するのは、東武亀戸線亀戸水神駅の近くで遭遇した情景。100メートル四方ほどの範囲に、懐かしいたたずまいのアパートが何棟も建っていました。まだまだ現役の様子。いずれ夕暮れ時に訪ねる予定です。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

Imgp0231 ISO200、1/500、絞り不明、-1.3EV、50mm、RAW







Imgp0233_1 ISO200、1/800、絞り不明、-1.3EV、50mm、RAW







Imgp0248 ISO200、1/320、絞り不明、-1.3EV、50mm、RAW







Imgp0232 ISO200、1/125、絞り不明、-1.3EV、50mm、RAW

 





[2007年1月13日の散歩]
JR総武線錦糸町駅-墨田区錦糸町3-錦糸町2-錦糸町1-錦糸町2-錦糸町3-太平3-太平2-太平1-太平2-太平3-太平4-江東区亀戸3-墨田区立花1-立花2-立花3-立花4-立花6-立花5-八広2-八広3-八広1-東向島6-東向島2-京島1-押上3-押上2-地下鉄半蔵門線押上駅。所要時間6時間30分。

PENTAX PEOPLE に参加しています !!

|

« 商店街の裏側で 亀戸5丁目 | トップページ | 海抜マイナス2m 立花5、6丁目 »

江東区」カテゴリの記事

コメント

Ramblerさん、おはようございます。
どのお写真も昭和の時代を彷彿とさせ、懐かしさとともに優しさも感じられます。
特に、3枚目がお気に入りです。車輪と一体化したかのようなベゴニアの花一輪の色鮮やかさ、錆び付いた車軸から顔を覗かす葉っぱのけなげさ、素晴らしいコントラストですね。何度も拡大して見入ってしまいました。

投稿: gato | 2007年1月14日 (日) 10時10分

夕暮れ時に各々の部屋に灯りがともればすばらしい情景になりそうですね期待してます、亀戸水神駅は気になる駅です、気になったときは降りてみるべきですね。

投稿: 遍路人 | 2007年1月14日 (日) 13時53分

Ramblerさん、2度の書き込みごめんなさい。↑で花の名前を間違えてしまいました、ゼラニュームでしたね、申し訳ございませんでした。

投稿: gato | 2007年1月14日 (日) 15時58分

>gatoさん
3枚目の情景は、アパート街の路地に入り込んで撮りました。辺りでは少しずつ建て替えが進んでいるようなので、あと5年もすると、こういった情景は失われてしまうかもしれません。何度か通って丁寧に記録しておくつもりです。

投稿: Rambler5439 | 2007年1月14日 (日) 21時20分

>遍路人さん
東武亀戸線沿いのエリアには曲がりくねった小径や路地がたくさん走っていて、そこに町工場やアパート、戸建て住宅などが混在しています。またごく一部しか歩いていませんが、江戸川区の平井を含め、しばらくは通い続けようと思っています。

投稿: Rambler5439 | 2007年1月14日 (日) 21時30分

んが~、亀戸水神駅ですか、降りたことないなあ。東武亀戸線って、始発駅が都電・三ノ輪橋駅のような風情の駅ですよね。
4枚目の棟割り長屋は、空き家が半分、現役が半分という感じでしょうか。これもまた「奇跡の長屋」ですね。よくぞ生き残っていたもんだと思います。
アパートは、自転車(特に子供イス付きの自転車)がいっぱいあり、人がちゃんと住んでいるんだなあ、とホッとしますね。夕暮れ時は、心にググッと迫る風景が現れるんでしょうね。

投稿: マフィンマン | 2007年1月14日 (日) 22時23分

棟割り長屋の様子は子供の頃を思い出させる懐かしいたたずまいです。昔はこんな路地に鼻水を垂らした文字通り洟垂れ小僧が走り回っていたものですが。

投稿: jitensya7 | 2007年1月14日 (日) 22時29分

>マフィンマンさん
棟割り長屋はもう一棟ありました。古いアパートや長屋が密集している様はなかなかの迫力で、夢中になってシャッターを切りました。
今日の午後、夕景を撮るべく出撃準備をしていたところヤボ用ができてしまい、果たせませんでした。「そのうちに」なんてノンビリ構えていると無くなっている場合も多いのが今の東京、近いうちに撮ってきます。

投稿: Rambler5439 | 2007年1月14日 (日) 22時39分

>jitensya7さん
先日、持田晃さんの"東京 いつか見た街角"(河出書房新社)という写真集を図書館から借りてきたのですが、長屋の前で遊ぶ子供たちが写っていて、溜め息が止まりませんでした。われわれはせいぜい年老いた街の姿を丁寧に記録しておくことにしましょう。

投稿: Rambler5439 | 2007年1月14日 (日) 22時49分

Rambler5439さん、3枚目の手前のおうちはなぜ外側に
カーテンがかかっているのでしょうか???
何度見ても外側だと思います。

投稿: readymade_ayu | 2007年1月14日 (日) 23時57分

>readymade_ayuさん
まったく気づきませんでした。元の画像で確認してみましたが、ご指摘の通り窓の外側に掛かっています。窓に嵌っているのが曇りガラスなので、おそらくスダレと同じノリで、日除けにしているのではないでしょうか。

投稿: Rambler5439 | 2007年1月15日 (月) 10時57分

亀戸五丁目のアパート、こうして見るとかなり大きく見えます。各部屋トイレ付きの様ですね。入口の雰囲気も申し分なしです。
最後の長屋、周囲には高い建物が無いようですね。開放感があります。玉ノ井近くにもすっきりとした土地に長屋がありました。去年見つけましたが、どの辺だったか思い出せません。

投稿: あおい | 2007年1月16日 (火) 01時41分

>あおいさん
玉ノ井の街にも似たような雰囲気の長屋がありましたか。近いうちに出掛けるつもりでしたので、注意して歩いてみます。貴重な情報、ありがとうございました。

投稿: Rambler5439 | 2007年1月16日 (火) 10時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 商店街の裏側で 亀戸5丁目 | トップページ | 海抜マイナス2m 立花5、6丁目 »