« 母の生まれた場所で | トップページ | 西新井へ(1) »

2007年1月10日 (水)

故郷の海で(3)

先週の日曜、久しぶりに東部戦線を歩いたのですが、今頃になって疲労感が襲ってきました。今週は好天が続きそうなので、マメに出撃して躰をならしていくつもりです。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

Imgp9932 ISO200、1/2000、絞り不明、-1.7EV、50mm、RAW







Imgp9924 ISO200、1/400、絞り不明、-1.7EV、50mm、RAW



Imgp9985 ISO200、1/100、絞り不明、-2.0EV、50mm、RAW



PENTAX PEOPLE に参加しています !!

|

« 母の生まれた場所で | トップページ | 西新井へ(1) »

阿武隈高地」カテゴリの記事

コメント

Ramblerさん、こんにちは。
2,3枚目のお写真、とても気になります。訴えかけてくるものがあるのですね、空気感が漂い、しかも哲学的なものすら感じてしまいます。心打たれるお写真ばかりで、Ramblerさんのお写真を拝見させていただく度に『写心』という言葉を思い起こしてしまいます。

投稿: gato | 2007年1月10日 (水) 11時38分

ニ,三枚目 こんなに毎日魚を食べているのに漁港はさびれていきますか?元気なのはマネーゲームをしている人だけ?なんか侘びしくなります。

投稿: 遍路人 | 2007年1月10日 (水) 13時35分

3枚目は、たぶん資材がそのまま放置されたままなのでしょうが、海が額縁に入っているような印象で、独特の寂寥感が漂っていますね。しかも、潮の香りが強烈です。海の手前の柱たちは、船が建造途中なのでしょうか、それとも途中で放棄されたのでしょうか。

投稿: マフィンマン | 2007年1月10日 (水) 21時30分

随分静かな感じですね。人の気配もあまりありませんね。静寂という感じです。

投稿: jitensya7 | 2007年1月10日 (水) 23時18分

Rambler5439さん、お疲れさまです。
コマメに出陣してくださいね。
1枚目の遠くに写っているのは灯台でしょうか。
赤い灯台ってカワイイですよね。

投稿: readymade_ayu | 2007年1月11日 (木) 00時00分

パッと見た瞬間、1枚目だけが全く違う雰囲気で、あれっ?と思ったんですが、よくよく見ると3枚とも関連性があるんですね。1枚目を見た後に3枚目を見ると、白い梯子のような部品がどこに付いていた物なのか分かります。

投稿: 豊山 | 2007年1月11日 (木) 01時42分

こんばんは。
三枚目のお写真てすが、実は私も沿岸地域に赴任していたことがありまして、こういう所を何度も見かけました。
最後は鯨の解体工場にも行って来ました。
もちろん鯨は捕鯨禁止のためいませんでした。

盛岡商イレブンに県民栄誉賞が授与されるようです。

投稿: むろんた | 2007年1月11日 (木) 02時51分

>gatoさん
過分のコメント、ありがとうございます。
"ニーチェにおける生成の概念"というテーマの卒論は書きました(〆切日前夜、友人たちを総動員して仕上げた力作でした)が、哲学的な部分は皆無の人間です。

投稿: Rambler5439 | 2007年1月11日 (木) 08時43分

>遍路人さん
ぼくが子供だった頃に較べれば、漁師たちの暮らしは格段に豊かになっているはずなのですが、若い漁師はほとんどいないそうです。漁業協同組合の建物もうらぶれた印象でした。

投稿: Rambler5439 | 2007年1月11日 (木) 08時47分

>マフィンマンさん
3枚目は家族経営の小さな造船所を撮ったものです。建造途中の状態で放置された船が何艘かありました。今は古い漁船の修理や塗装し直しで喰いつないでいる様子でした。

投稿: Rambler5439 | 2007年1月11日 (木) 08時51分

>jitensya7さん
この半世紀で、漁港(地元の人たちは"築港"と呼んでいます)も町中もすっかり寂びれてしまいました。

投稿: Rambler5439 | 2007年1月11日 (木) 08時55分

>readymade_ayuさん
1枚目に写っているのは無人の小さな灯台です。台風が直撃するたびに壊れるので、付近には残骸がゴロゴロしています。
今日も散歩費より。これから出撃してきます。

投稿: Rambler5439 | 2007年1月11日 (木) 08時58分

>豊山さん
漁港シリーズの写真はどれも200メートルほどの範囲内で撮りました。狭いエリアに港があり、家族経営の造船所があり、市場がある。そんな場所です。

投稿: Rambler5439 | 2007年1月11日 (木) 09時02分

>むろんたさん
父方の叔母のご主人は三陸出身の元船長さんで、今も酔うたびに「三陸の海が本当の海だ」と言います。いずれ撮りに行ければと考えています。

投稿: Rambler5439 | 2007年1月11日 (木) 09時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 母の生まれた場所で | トップページ | 西新井へ(1) »