« 街が消えてゆく(1) 中央区湊 | トップページ | 公団阿佐ヶ谷住宅(1) »

2007年1月27日 (土)

街が消えてゆく(2) 中央区湊

2枚目、3枚目のように、ローアングルから撮るのが最近のマイブーム。ときには腹這いになることもあります。が、コートを汚してまで撮ったからといって傑作をものにできるほど世の中は甘くないようで、大抵は溜め息をつきながらファイルを消去することになります。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

Imgp1106 ISO200、1/250、絞り不明、-1.7EV、50mm、RAW







Imgp1171_1 ISO400、1/50、絞り不明、-1.7EV、50mm、RAW







Imgp1157 ISO400、1/550、絞り不明、-1.7EV、50mm、RAW



PENTAX PEOPLE に参加しています !!

|

« 街が消えてゆく(1) 中央区湊 | トップページ | 公団阿佐ヶ谷住宅(1) »

中央区」カテゴリの記事

コメント

そうですか?腹ばいですか自分は此の頃膝を突いて撮る事が多くなりました、「横木安良夫」氏はカメラを地面に置いたようなアングルで撮り続けています。
二枚目にはすべての生活や履歴がギュッと詰まった一枚です、好きです。

投稿: 遍路人 | 2007年1月27日 (土) 11時37分

1枚目は、好い感じで光が回ってますね。トタンの壁と反射光って相性がいいんですね。優しい風合いを感じます。
2枚目の民家は、ちゃんと住んでいるようですね。電動アシスト付き自転車ということは、まだ老年まで達してない人がいるってことですね。ここが湊である、ということを考えると、何かホッとする光景です。

投稿: マフィンマン | 2007年1月27日 (土) 21時37分

今日、湊へ行ってきました。マンションの間に空き家、空き地が目立ちました。人通りもあまりありませんでした。撮影の方はあまりうまくいきませんでした。

投稿: jitensya7 | 2007年1月27日 (土) 22時44分

>遍路人さん
街撮りをしていると、ライブビュー機能のついたオリンパスのE-330が欲しいと思うことがしばしばあります。でも、レンズが高いんでするねえ。

投稿: Rambler56439 | 2007年1月28日 (日) 10時52分

>マフィンマンさん
迂闊にも、2枚目に写っている自転車が電動アシスト付きだったことに気づいていませんでした。この長屋はけっこう大規模で、内部にはもう一本の路地がありました。外観も撮ったのですが、ノッペリした写真になってしまいました。夕刻に撮り直すつもりです。

投稿: Rambler56439 | 2007年1月28日 (日) 10時56分

>jitensya7さん
先ほどは意見しました。人によってずいぶん興味の対象が誓っているなあと、あらためて感じました。

投稿: Rambler56439 | 2007年1月28日 (日) 10時57分

はじめまして
偶然こちらを見つけまして
懐かしく思いコメントさせていただきます。
この近辺で産まれ父の生まれ育った中央区湊1丁目に約36年前から4年ほど住んでいました。
鉄砲州神社や小学校、駄菓子屋や隣の印刷工場が遊び場で
近所のおじちゃんおばちゃんにかわいがってもらったものです。
その頃の町並みがまだあるんですねぇ。ん?
2008年12月現在はどうでしょうか・・。
成長した後も叔父や祖母や祖父が住んでいたので
よく遊びにいったものです。
まさに中央区の写真にあるような(全部みましたw)
玄関まわりを発砲スチロールでつくった花壇で飾ったりするような古い家でした。
今は地上げにあいその家はビルになってしまいました・・。
数年前は築地の会社で仕事していまして
月島の広告代理店に毎日のように原稿をもらいに行っていたので月島の写真も懐かしく思いました。
Ramblerさん(なんとお読みすれば・・?)の写真
まだ全て見てないのでこれからじっくり拝見したいので
今後もちょこちょこ来させていただきます。
では 失礼します。

投稿: ふる | 2007年12月25日 (火) 17時00分

ふるさん
コメント、ありがとうございます。

2度目に上京した30代、築地で5年ほど働いたこともあって、湊や勝どき、月島には何度も足を運んだことがあるのですが、10数年の間にずいぶん変わってしまいました。
東北の田舎ではありますが、やはり海辺で育ったせいか、この界隈には親近感を感じてきました。その街がどこにでもあるようなマンションで埋めつくされてしまうのは、残念で仕方がありません。
今のところ地上げは1丁目よりも2丁目・3丁目を中心に進んでいるような気がします。防災面で建替えは必要でしょうが、昔ながらの人間関係が保たれるような街づくりがなされるを願っています。

Ramblerは「ランブラー」と読んでください。また是非おいで下さい。

投稿: Rambler5439 | 2007年12月25日 (火) 19時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 街が消えてゆく(1) 中央区湊 | トップページ | 公団阿佐ヶ谷住宅(1) »