« 街が消えてゆく(2) 中央区湊 | トップページ | 公団阿佐ヶ谷住宅(2) »

2007年1月28日 (日)

公団阿佐ヶ谷住宅(1)

古い時代につくられた公団住宅には、理想主義のきらめきが宿っているように感じます。"理想"を放棄してしまった都市計画は、誤った"理想"に基づく都市計画よりも犯罪的なのではないか。そんなことを考えながらシャッターを切りました。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

Imgp1313 ISO200、1/160、絞り不明、-1.7EV、50mm、RAW







Imgp1315_1 ISO200、1/320、絞り不明、-1.3EV、50mm、RAW








Imgp1373ISO200、1/125、絞り不明、-1.0EV、50mm、RAW







Imgp1302 ISO200、1/200、絞り不明、-0.7EV、50mm、RAW



Imgp1310 ISO200、1/400、絞り不明、-1.7EV、50mm、RAW



[2007年1月27日の散歩]
杉並区善福寺2-善福寺1-西荻北5-上荻4-西荻北2-西荻南3-西荻南4-南荻窪2-南荻窪4-荻窪4-荻窪3-成田東5-成田東4-成田東3-成田東1-松ノ木2-松ノ木3-梅里2-阿佐谷南1-高円寺南3-梅里2-松ノ木3-松ノ木2-松ノ木3-梅里2-成田東3-阿佐谷南1-成田東4-成田東5-荻窪3-荻窪4-荻窪5-南荻窪3-西荻北1-西荻北2-西荻北3-西荻北5-善福寺1-善福寺2。所要時間5時間30分。

PENTAX PEOPLE に参加しています !!

|

« 街が消えてゆく(2) 中央区湊 | トップページ | 公団阿佐ヶ谷住宅(2) »

杉並区」カテゴリの記事

コメント

この住宅は全く土地カンがないのですが、隣家同士を隔てる板塀のようなものはハナからないのでしょうか。もしないとすると、長屋もブッ飛ぶ濃密な近所づきあいの空間が存在したことになりますよね。

白いトーンで貫かれた家屋や、縁側にぶら下がっているヤシの実やランプを見るにつけ、なぜか、大昔の「フリーセックス」ムーブメントを連想します。あの若者たちは、こんな家に全裸で住んでましたよね(って、あれは本当にムーブメントと言えたのか……)。

投稿: マフィンマン | 2007年1月28日 (日) 16時33分

Rambler5439さん、1枚目から4枚目は本牧か自由が丘の
カフェが併設された雑貨屋さんみたいです。
でも4枚目になると・・・・この公団はまた立ち寄り可能なのでしょうか。
私も行ってみたくなりました。

投稿: readymade_ayu | 2007年1月28日 (日) 21時51分

>マフィンマンさん
庭は各戸ごとに簡単な柵や低い金網で仕切られていたようです。ただし、住民のほとんどがホワイトカラーということもあり、下町とはちょっと違ったとは思うのですが、そこそこのコミュニティはあったのではないでしょうか。(もう大部分が空室になっていますので、過去形で語らなければなりません)
確かに白いペンキには、60年代後半から70年代前半にかけて流行ったヒッピー的コミューンの匂いがありますね。こういう家に住み、日向ぼっこをしながらギターでブルースをつま弾く。いいでしょうね。

投稿: Rambler56439 | 2007年1月28日 (日) 22時09分

>readymade_ayuさん
公団阿佐ヶ谷住宅は丸ノ内線南阿佐ヶ谷駅から南に徒歩5分ほどのところにあります(成田東4丁目)。ただし、見通しの悪い小径だらけですから、地図は持参すべきだかと思います。
私有地につき立ち入りはご遠慮ください、という看板は立っていますが、オープンな団地ですから勝手に入り込んで撮らせてもらっています。ぜひD40で撮ったものを見せてください。

投稿: Rambler56439 | 2007年1月28日 (日) 22時16分

下町から一転して新しい山の手の西洋長屋ですね。完成した当初は随分モダンな共同住宅だったのでしょうね。

投稿: jitensya7 | 2007年1月28日 (日) 23時21分

公団阿佐ヶ谷住宅ですよね?
なんだか最後の一棟って感じです。
草原の真ん中にぽつんと、寂しいですね。
建物も「ローハイド」に出てきそうな雰囲気です。
今度訪れる時は銀(雪)世界か本格的に建て壊しがはじまる前に来ようかと思っていましたが、実際いつはじまるんでしょうね。
一棟だけでも残して欲しいですね。

投稿: aoi_color | 2007年1月29日 (月) 05時12分

おはようございます。
これができたころは皆が希望に満ち溢れていたでしょうね。
つくった人だけでなく、ここに入居した人たちも光輝いていたでしょう。
昭和が懐かしいといえばそれで終わりですが・・。

投稿: むろんた | 2007年1月29日 (月) 08時17分

>jitensya7さん
テラスハウスの相当部分を前川國男建築設計事務所が設計していることからも、公団プランナーたちの熱意が伝わってきます。部分的にでも保存できないものかと願っています。

投稿: Rambler56439 | 2007年1月29日 (月) 10時32分

>あおいさん
訪ねるごとに空室が増えています。この日も引っ越ししているのを見かけました。新緑で彩られた姿をしっかり撮っておきたい。そう思っています。

投稿: Rambler56439 | 2007年1月29日 (月) 10時35分

>むろんたさん
このテラスハウス群は昭和30年代前半に分譲されたものですが、いま見ても"洗練"を感じます。周辺の緑も美しくて、郊外住宅のモデルをつくろうという当時の人々の意気込みが伝わってきます。

投稿: Rambler56439 | 2007年1月29日 (月) 10時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 街が消えてゆく(2) 中央区湊 | トップページ | 公団阿佐ヶ谷住宅(2) »