« 協和荘 東向島 | トップページ | 街が消えてゆく(2) 中央区湊 »

2007年1月26日 (金)

街が消えてゆく(1) 中央区湊

遍路人さんの鉄の華 に触発され、中央区湊地区へ。2丁目、3丁目の川沿いのエリアでは一段と地上げが進んだようで、昨年夏に訪れたときに較べ、人影はめっきり減り空き家ばかりが目につきました。水辺の情趣を漂わせていた街も、じきにマンションで埋め尽くされ、ノッペラボウの街の一つになってしまうようです。
なお、昨年夏の様子はこちら を。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)


Imgp1124 ISO200、1/640、絞り不明、-1.0EV、50mm、RAW







Imgp1129 ISO200、1/160、絞り不明、-1.3EV、50mm、RAW







Imgp1140 ISO800、1/50、絞り不明、-1.3EV、50mm、RAW








[2007年1月25日の散歩]
地下鉄銀座線京橋駅-中央区京橋2-八丁堀3-八丁堀2-八丁堀1-日本橋兜町-日本橋茅場町1-日本橋茅場町2-日本橋茅場町3-八丁堀1-八丁堀2-八丁堀3-八丁堀4-八丁堀3-八丁堀2-八丁堀3-八丁堀4-湊1-湊2-湊3-湊2-入船2-入船1-八丁堀4-八丁堀3-八丁堀2-八丁堀1-日本橋茅場町3-日本橋茅場町2-日本橋茅場町1-日本橋小網町-日本橋蠣殻町1-日本橋蠣殻町2-日本橋人形町2-日本橋富沢町-日本橋大伝馬町-日本橋馬喰町1-千代田区東神田1-東神田2-中央区日本橋馬喰町2-台東区浅草橋1-JR総武線浅草橋駅。所要時間5時間40分。

PENTAX PEOPLE に参加しています !!

|

« 協和荘 東向島 | トップページ | 街が消えてゆく(2) 中央区湊 »

中央区」カテゴリの記事

コメント

ついに行かれましたね、やはり暖かいようでアロエ?が野生化して花をつけてますね、ツタの葉が落ちたのがせめての幸いこれが有ったら絵になりません、それにしても物凄い速さで空家が進行しているのでこまめに見に行かないとダメだなと考えました。

投稿: 遍路人 | 2007年1月26日 (金) 17時29分

私が知っている中央区のイメージ(日本橋)とはほど遠い印象です。
けどいつものRambler5439さんが選ぶモチーフには定着した落ち着きがあるので安心しました。
一枚目の赤が鮮やか『毒』がある感じが堪りません。
二枚目のくわえ煙草をするおじさんの雰囲気いいですね。
犬の様子も忘れてはいけませんね。
三枚目青磁色化したグリーンのペンキがいい具合に廃れてますね。

投稿: aoi_color | 2007年1月26日 (金) 21時51分

都心部の古物件エリアで人口密度が最も低い街の一つが湊ではないか、と思いますが、どんなもんでしょう。ひと気のない街は散々見てきましたが、この街は尋常ではありません。3枚とも、その尋常ならざる様子が丁寧に描かれていますね。
散々地上げされまくった挙げ句、ペンシルビルすら建たず、その場しのぎ的に設置された立体駐車場も今やサビつき、無惨な姿をさらす――そんな光景をいたるところで見かけるにつれ、今後も再開発は行われないまま、人も建物もこのまま荒野と化すのでは――とすら思ってしまいます。
“負のエネルギー”に気圧され、これという絵をいまだに撮れた試しがありません。

投稿: マフィンマン | 2007年1月26日 (金) 22時44分

築地は何度も行っていますが、湊はまだ行っていません。ここも早く行かねばという気にさせられます。2枚目の猫背気味のおじさんとうなだれてついていく犬の様子がいまの湊の感じを表しているようです。

投稿: jitensya7 | 2007年1月26日 (金) 22時44分

3枚目の写真、同じような景色を上総湊でも見ました。
場所柄、釣宿が多いんですが、その中にポツポツと空き家がありました。
時代の流れとは言え、街が空洞化していくのは寂しいですね。

話は変わり、2/1(木)に千葉~木更津をデゴイチが走ります。
ビル街を駆け抜けるSLってのも面白いかも。
千葉12:46発~木更津14:01分着。途中の駅は全て通過です。

投稿: 豊山 | 2007年1月26日 (金) 22時49分

Rambler5439さん、そりゃあ3枚目が中でも大好物です!
蛇口は付け替えられているみたいなので、
ずっと使っていた様子が伺えました。

投稿: readymade_ayu | 2007年1月26日 (金) 23時27分

>遍路人さん
ディベロッパーの動きが予想以上に激しいようなので、湊や八丁堀、蠣殻町といった中央区南部を重点観測エリアに加えることにしました。アロエは西新宿の再開発エリアでも、よく見かけます。地上げ屋に独り立ち向かっているような健気さを感じました。

投稿: Rambler56439 | 2007年1月26日 (金) 23時39分

>あおいさん
2枚目に写っている男性と犬は、見とれるあまりシヤッターを切り忘れかけるほど不思議なオーラを放っていました。もう少し絞りを開けて撮ったものもあるのですが、カメラが左に寄り過ぎたため、右側の廃屋が写っていませんでした。悔やんでも悔やみきれません。

投稿: Rambler56439 | 2007年1月26日 (金) 23時45分

>マフィンマンさん
ここまでひどい地上げの現場というのも、珍しいのではないでしょうか。悪意さえ感じました。たぶん地上げに従事しているディベロッパーの社員も普通の生活者で、家族を養うために頑張っているだけなのだと思います。都市計画に従事する人たちの奮起を願わずにはいられません。

投稿: Rambler56439 | 2007年1月26日 (金) 23時57分

>jitensya7さん
海辺の町で育ったこともあり水辺の街は好きなのですが、なかでも湊を歩いていると懐かしい気分になります。ブログにはアップしていませんが、路地も残っています。ぜひ訪ねてみてください。

投稿: Rambler56439 | 2007年1月27日 (土) 00時02分

>豊山さん
"同じような景色を上総湊でも見ました"というコメントを拝見して、なるほど海辺の町が寂びれていく様子には独特の共通点がある、と頷いてしまいました。
SL情報、ありがとうございます。2/1は所用があるので出掛けられませんが、今、鉄道写真の撮り方についてのマニュアル本を熟読中ですので、春には磐越西線のSLにチャレンジしたいと思っています。

投稿: Rambler56439 | 2007年1月27日 (土) 00時18分

>readymade_ayuさん
3枚目は、ピント合わせができないぐらい暗いところで撮りました。ISO感度を上げ目測でピントを合わせたので、写りはイマイチですが、ぼく自身とても気に入っています。

投稿: Rambler56439 | 2007年1月27日 (土) 00時22分

こちらでも多くの古いアパートが取り壊されています。
盛岡駅より南部の地域はのどかな田園風景であったのですが、この数年で埋め立てられ
住宅地・商業地域になってしまいました。
昔を知る者としては驚くような変貌ぶりです。

投稿: むろんた | 2007年1月27日 (土) 06時49分

>むろんたさん
個々の人間が抱く"もう少し快適に暮らしたい"という、それ自体は真っ当な欲求が総和されると、グロテスクな風景や環境をつくり出してしまうというのは、皮肉なことです。100数十年前までは大多数が農山村に住んでいた日本人は、まだ都市での暮らし方に慣れていないのかもしれない。最近そんなふうに考えたりもします。

投稿: Rambler56439 | 2007年1月27日 (土) 10時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 協和荘 東向島 | トップページ | 街が消えてゆく(2) 中央区湊 »