« 復帰いたしました | トップページ | 日溜まりの交差点で »

2006年12月26日 (火)

冤罪

10月10日の記事 で、「PENTAX-M 50mm f1.7 唯一の欠点は夕暮れ時に発生する(点光源の)ゴースト」と書きましたが、誤りでした。本当の原因は、28年前に買ったスカイライト・フィルターをプロテクト・フィルター代わりに使っていたことにあります。ここに慎んで訂正いたします。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

Imgp5871 ISO400、1/25、絞り不明、0.0EV、50mm、RAW
(文京区千駄木/美容室の看板に青いゴーストが)






Imgp9324 ISO800、1/80、絞り不明、-1.7EV、50mm、RAW
(台東区谷中/フィルターを外して撮影)






Imgp9359 ISO800、1/60、絞り不明、-1.3EV、50mm、RAW
(同上)


PENTAX PEOPLE に参加しています !!

|

« 復帰いたしました | トップページ | 日溜まりの交差点で »

台東区」カテゴリの記事

文京区」カテゴリの記事

コメント

フィルターなんて使った経験がほとんどないです。
レンズを守るものと紫外線カット位なもの……。
いずれもアナログカメラのみです。
いろいろと使うとその違いや変化に病み付きになる様でちょっとコワイです。釣りでいうルアーに凝ってしまう様で………。
デジカメは設定という形である程度自分の好みで写真が撮れますがphotoshopなどのソフトを使って画像操作でマスクを掛けたり色調補正をうまく使うようにしています。
Rambler5439が撮られる写真には暖かみが感じられるのに私の写真にはどうもそれが足りないようです。

投稿: あおい | 2006年12月26日 (火) 17時02分

3枚目は、暗闇に朱や紺色が鮮やかですね。格子戸もシルエットを濃く描いていて、鮮やかです。画面を2分割した構成も面白いですね。
馴染みがないまま今日まできてしまったのですが、「丁子屋」というのが、今一つも二つもピンと来ません。要は丁子=香料や染料?を使った繊維製品などを扱う店――と理解すればいいのでしょうか。

投稿: マフィンマン | 2006年12月26日 (火) 20時31分

丁子屋 暖簾は新しい物のようで左書き(看板?は右から)、夜の光をうまく捉えていますね、昼間には絶対見ることの出来ない綺麗な絵です、早速寒い夜に出撃ですか お体に充分気をつけてください、自分は足が冷えるといけないようです、したがって夜と早朝は当分控えます。

投稿: 遍路人 | 2006年12月26日 (火) 22時41分

>あおいさん
ぼくも反射を除去したいときにPLフィルターを使うぐらいなものです。というか、PLフィルターとプロテクト用のフィルターぐらいしか持ってません。(そのPLフィルターも、着脱が面倒なので最近はほとんど使っていません。反省しているところです)

投稿: Rambler5439 | 2006年12月27日 (水) 09時26分

>マフィンマンさん
お褒めいただき、ありがとうございます。3枚目は構図をどうするか10分ほど考えてからシャッターを切りました、というのは嘘で、深まりゆく闇に急かされていたので、ほとんど何も考えず撮りました。偶然の産物です。
さて「丁子」についてですが、古代から丁子のハナを原料とする「丁子染め」というものがあったようです。

投稿: Rambler5439 | 2006年12月27日 (水) 09時35分

>遍路人さん
3枚とも秋に撮ったもので、新作ではありません。年末で雑用に追われていることもあり、出撃は30日までおあずけです。復帰初戦は浅草橋を起点に足立区の西新井駅まで歩くつもりです。

投稿: Rambler5439 | 2006年12月27日 (水) 09時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 復帰いたしました | トップページ | 日溜まりの交差点で »