« 日溜まりの交差点で | トップページ | 元浅草の小径で »

2006年12月28日 (木)

かつて"日本一有名"といわれた商店街

都電荒川線の熊野前停留所から南(JR田端駅方面)に向かってのびる熊野前商店街。かつては日本テレビの"天才・たけしの元気が出るテレビ!!"で取りあげられ、全国的に名を知られた時代もあったようですが、街頭スピーカーから流れるユーロビートのシャカシャカ音が、人気も疎らな通りに響きわたるばかりでした。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

Imgp9279 ISO400、1/80、絞り不明、-1.7EV、50mm、RAW
(荒川区東尾久)






Imgp9285_1 ISO400、1/160、絞り不明、-1.7EV、50mm、RAW
(同上/テレビドラマにも登場したという玩具店)






Imgp9292 ISO400、1/40、絞り不明、-1.3EV、50mm、RAW
(同上/材木店の倉庫)






PENTAX PEOPLE に参加しています !!

|

« 日溜まりの交差点で | トップページ | 元浅草の小径で »

荒川区」カテゴリの記事

コメント

1枚目の「牛豚」店は、商店街沿いではなくて、横丁を1本入った住宅街にある店ですよね。私も数カ月前に店の前を通り、「えっ、こんな場所に?!」と驚きましたが、似たような筆文字看板の現役の肉屋(板橋本町)を撮影・投稿したばかりなので、撮りませんでした。んん~、やっぱり涸れてますね。
何の変哲もない横丁の肉屋ですら、かつてはちゃんと商売になる時代があった――ということなんでしょうね。

ただ、どうなんでしょう、肉屋は他の小売店(豆腐屋、玩具屋、菓子屋などなど)に比べて、何とか頑張り、それなりに繁盛している店も多いのではないでしょうか。
と言うか、「頑張っている店=店頭にきさくなおやじ・おばちゃん・じいちゃんらが焼鳥やコロッケなどを販売している店」という法則があることを最近、発見しました。その場で食えるものを売っている、という点も強みですよね。

投稿: マフィンマン | 2006年12月28日 (木) 10時37分

>マフィンマンさん
速攻のコメント、ありがとうございます。仰るとおり、1枚目は商店街のメインストリートから西側に入ったところで撮ったものです。普段は素通りするケースなのですが、駒込駅から3時間以上も歩いているにもかかわらず、ほとんどシャッターチャンスに恵まれなかったこともあって、撮ったという次第です。
さて踏ん張っている商店についてですが、生鮮三品(肉、魚、野菜)のお店と豆腐屋さんは、比較的善戦しているように思います。で、順位をつけると豆腐屋>肉屋>八百屋>魚屋かなあというのが実感です。豆腐屋さんは製造原価が小さいので、少ししか売れなくても続けられる。肉屋さんは、マフィンマンさんが感じてらっしゃるように、総菜を売ることで売れ残り肉の活用や売り上げアップが図れる。そんな気がします。
ところで今日から休暇ですか? 外は絶好の出撃日和、PLフィルターを効かせた雑派流作品を楽しみにしています。

投稿: Rambler5439 | 2006年12月28日 (木) 11時52分

>ところで今日から休暇ですか? 外は絶好の出撃日和

ドヨ~ンと会社におります。今日が仕事納めです。仕事のフリをしてます。
早めに帰れるかな、とこっそり機材持参で出社しました。確かに、絶好の「出撃日和」です。
しかし、同僚たちは微動だにせず(今日なんぞ、大した仕事はないくせに)。小心サラリーマンの私は、身動き取れずに悶々としております。
やっぱ、勤め人って、どこまでいっても「使用人」なんですよね。

投稿: マフィンマン | 2006年12月28日 (木) 14時23分

三枚目 錆びた自転車とその奥にリヤカーらしき物も見えます、写っているそこかしこに時代を感じさせる物が在ります、そしてこの暗さ(明暗)がたまらなく好きです。

投稿: 遍路人 | 2006年12月28日 (木) 18時07分

今日で仕事納めです。
フィルターの件読みました。
私も一眼レフ時代は夜間の撮影が多いため、新品でも乱反射を嫌って取り付けませんでした。
しかしコンタックスGシリーズ用のレンズには余り気にせずに取り付けています。
仰るとおり、気にしないでいるといつかはこれの乱反射のために、大失敗するかも知れませんね。頭の隅に覚えておかなければ。

今回掲載のお写真と関係ない話ですみません。

投稿: むろんた | 2006年12月28日 (木) 19時12分

>マフィンマンさん
ぼくが勤め人をしていた頃は、午前中に机の周りを掃除したらコップ酒で乾杯、昼には退社したものでした。「半ドン」という言葉は死語になってしまったのでしょうか。植木等が主人公のサラリーマン映画のような世界は、もう二度とやって来ないんでしょうねえ。

投稿: Rambler5439 | 2006年12月28日 (木) 19時32分

>遍路人さん
JR田端駅から西尾久、東尾久にかけてのエリアには、まだまだ魅力的な情景が潜んでいそうな気配を感じました。田端新町界隈では工作機械を扱っている店を何軒か見かけました。正月のうちにまた歩いてみようと思っています。

投稿: Rambler5439 | 2006年12月28日 (木) 19時39分

>むろんたさん
ジャンクコーナーで買ったレンズにまでプロテクトフィルターをつけてしまうとは、貧乏人の哀しい性ですね。で、いつの間にかフィルターをつけていたことさえ忘れていました。まめにPLフィルターを使っていれば、こんなことにはならなかったと思うのですが、根がズボラなので最近は全くと言っていいほど使っていませんでした。これからは心機一転、PLフィルターを新調して丁寧に写真を撮るつもりです。

投稿: Rambler5439 | 2006年12月28日 (木) 22時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日溜まりの交差点で | トップページ | 元浅草の小径で »