« 冤罪 | トップページ | かつて"日本一有名"といわれた商店街 »

2006年12月27日 (水)

日溜まりの交差点で

12月初めにベニサン・ピットの近くで撮ったものです。土曜日の午後、春をおもわせる陽射しを浴びている交差点は、なぜか古い日活映画で見た街角を連想させるのでした。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

Imgp9007 ISO200、1/640、絞り不明、-1.7EV、135mm、RAW
(江東区新大橋)






Imgp9012_1 ISO200、1/2000、絞り不明、-1.3EV、50mm、RAW
(台東区千歳)






PENTAX PEOPLE に参加しています !!

|

« 冤罪 | トップページ | かつて"日本一有名"といわれた商店街 »

江東区」カテゴリの記事

コメント

牛乳屋さんはスーパーに最初にお客を取られましたね、朝の配達時のビンの触れ合う音が五月蝿いとか言われはじめまして色々工夫して音は静かになったのですが、あれが五月蝿く聞こえた時点から急に世の中変わったように思います。

投稿: 遍路人 | 2006年12月27日 (水) 13時21分

Rambler5439さん、1枚目のグリーンのガードレール?も珍しいですよね。
お店の陽射しよけと看板の店名書き直したペイントと
グリーンのグラデーションが合っていますよねっ。

投稿: readymade_ayu | 2006年12月27日 (水) 21時41分

>遍路人さん
瓶牛乳は、紙パック入り牛乳とはひと味もふた味も違うように思います。昔は冷蔵庫の横に牛乳蓋を取るための道具がぶら下がっていたものでした。荒川2丁目の富士見湯あたりで湯上がりにグイッと飲んでやります。

投稿: Rambler5439 | 2006年12月27日 (水) 22時18分

>readymade_ayuさん
ベニサンピットの前からここの交差点を見たとき、30〜40年ぐらい昔に戻ったような錯覚にとらわれました。グリーンの工作物はガードレールです。4つの角すべてに設置されていました。けっこう広い道路が交差しているので、車に突っ込まれた家があったのかもしれませんね。

投稿: Rambler5439 | 2006年12月27日 (水) 22時24分

新大橋2丁目北の写真は、無数の電線が工作し、その影が建物に長く伸びていて、東部戦線ならではの風景です。右端のサラリーマンの位置も心憎いです。日だまりで、体から力が抜けています。

投稿: マフィンマン | 2006年12月27日 (水) 22時34分

>マフィンマンさん
南部戦線用の地形図を調達するついでに、東部戦線関連の地形図も買い増しました。14枚の地形図を並べては、あまりにも果てしない道のりに、呆然としています。死ぬ気で歩くしかないですね。(本当に死んじゃったりして)。

投稿: Rambler5439 | 2006年12月27日 (水) 23時17分

1枚目はグリーンが利いていますね。ガードレール、牛乳の看板、日よけのひさし、そして信号機。またなんとなく懐かしいたたずまいです。

投稿: jitensya7 | 2006年12月27日 (水) 23時43分

>jitensya7さん
こんばんは。
1枚目を撮ったときは、誰か通りかからないかなあとカメラを構えたまま暫く待ったのですが、ただの一人も現れてくれませんでした。日頃の行いが悪いんでしょうね。

投稿: Rambler5439 | 2006年12月28日 (木) 00時20分

>14枚の地形図を並べては、あまりにも果てしない道のりに、呆然としています

以前も書きましたが、「地形図」ってのがスゴいですよね。そんじょそこらの街撮り者はお呼びじゃないって感じです。「筋金入りの街撮り人」です。
でも、クソ暑い日やクソ寒い日は特にお気をつけ下さい。私なんぞは“痔主”なので、真冬は肛門のセンサーが敏感に反応してしまうので、撤収も早いです。

投稿: マフィンマン | 2006年12月28日 (木) 07時39分

>マフィンマンさん
亡父は手術を受けたこともあるほどの"痔主"でしたが、幸いなことにぼくは地主にも痔主にもなっていません。が、ここ数年、躰の免疫力が低下したのかすぐに風邪をひくようになりました。ゾクッときたら早めに退却するようにします。
1/10000の地形図には、戸建住宅を含めて全ての建物が忠実に記載されています。さらに商店も色分けされていますので、散歩のお伴に最適です。かなり大きな書店にしか置いてないですが、ぜひ一度ご覧になってみてください。

投稿: Rambler5439 | 2006年12月28日 (木) 09時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 冤罪 | トップページ | かつて"日本一有名"といわれた商店街 »