« 本郷通り沿いの小径で | トップページ | 135mmで撮った浅草橋 »

2006年12月13日 (水)

晩秋の杉並散歩

"東京5000マイル"を達成するためには、西部戦線もないがしろにはできません。東部戦線に較べれば退屈な住宅街が圧倒的に多くて辛いのですが、地形図を片手にひたすら歩くしかありません。今日は3時間で撮った枚数が15枚。夕方に期待していたら雨が降ってきて、散々でした。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

Imgp9601 ISO200、1/60、絞り不明、-1.3EV、50mm、RAW
(杉並区天沼2丁目)






Imgp9620 ISO200、1/1000、絞り不明、-1.7EV、50mm、RAW
(杉並区阿佐谷北3丁目)






Imgp9624 ISO200、1/320、絞り不明、-1.7EV、50mm、RAW
(杉並区阿佐谷北2丁目)






Imgp9646 ISO400、1/80、絞り不明、-1.3EV、50mm、RAW
(杉並区大宮1丁目/郷土資料館入り口にあった脱穀機)






PENTAX PEOPLE に参加しています !!

|

« 本郷通り沿いの小径で | トップページ | 135mmで撮った浅草橋 »

杉並区」カテゴリの記事

コメント

わお~、ビートルと黄色い絨毯、かっちょいいっすね~。まるで映画のひとコマみたいですね。メタルフェチのおいらとしては鈍く光る光沢がたまりません。3枚目にちらっと写ってるコカコーラの看板も懐かしいですね。

投稿: 豊山 | 2006年12月13日 (水) 19時20分

>豊山さん
東京のイチョウの絨毯も今週で終わりだと思います。いよいよ本格的な冬。PLフィルターを新調してバリバリ出撃するつもりです。

投稿: Rambler5439 | 2006年12月13日 (水) 21時14分

この辺りは下町と山の手の両方の雰囲気をもっている地区ではないでしょうか。商店街は間口があまり広くなくて古いのが並んでいて、背後の住宅街の住民は気持ちは山の手族が多いのではないでしょうか。

投稿: jitensya7 | 2006年12月13日 (水) 22時16分

4枚目のベルトの質感がたまりません。このサビかた! この草臥れかた! この陰影! これぞ、リアルです。
この脱穀機とともに苦楽を共にした人の汗まで、想像できそうです。

投稿: マフィンマン | 2006年12月13日 (水) 22時18分

二枚目のワーゲン?と銀杏の景色、ぐっと来ました。
燃料屋さん赤い灯油タンクは定番ですが、炭とか練炭、豆炭など黒いものが恋しくなりますね。ここは七輪があるから練炭はありそうですね。

関係ありませんが松本清張の小説で田端駅の炭庫がある事件との関係で登場するのですが、どんな話だったかな〜? 気になり出しました(笑)

投稿: あおい | 2006年12月13日 (水) 22時38分

>jitensya7さん
阿佐ヶ谷の街は、関東大震災で被災した下町の人たちが大勢うつり住んで発展したと聞いています。だから街の構造は下町に似ています。ただし、jitensya7さんのおっしゃるように、住民意識は山の手化しているのか、"道は自分の庭の一部だ"というような下町的なノリはないようです。

投稿: Rambler5439 | 2006年12月13日 (水) 23時23分

>マフィンマンさん
荻窪を起点に代田橋を目指したのですが、あまりの不作に、いつもは見向きもしない郷土資料館に立ち寄りシャッターを切りました。古い道具や機械はいいものですね。物語を感じます。年末年始は田舎に帰省する予定ですので、古いものを集中的に撮ってきたいと思います(ちなみに、連れ合いの実家は明治初期の建物です)。

投稿: Rambler5439 | 2006年12月13日 (水) 23時29分

>あおいさん
1〜3枚目は"一声館"周辺を歩くついでに撮ったものです。2枚目に写っているのはワーゲンビートルで、イチョウの大木のある広敷地を囲わずにお住まいになっているお宅の庭先で撮りました。
1枚目の燃料店は、天沼界隈でもかなり昔からやっているようで、通りかかるたびにシャッターを切ってしまうお気に入り物件です。

投稿: Rambler5439 | 2006年12月13日 (水) 23時41分

こんばんわ。
いつもお世話になっています。

二枚目の写真、
むちゃくちゃカッコいいです!

私が今まで見た写真の中で
一番カッコいいです。

投稿: 放浪記の管理人 | 2006年12月13日 (水) 23時56分

>放浪記の管理人さん
過分のコメント、ありがとうございました。昨日(12/13)は退屈な住宅街を辛抱強く歩き続けたので、気の毒に思った写真の神様がいい被写体を恵んでくれたのだと思います。

投稿: Rambler5439 | 2006年12月14日 (木) 00時20分

おはようございます。
2枚目のVWビートルに落葉は質感が素晴らしいです。クラシカルな車のデザインに落葉がベストマッチ!!です。
○○建築事務所の赤いロゴもモダンな感じでいいです。

あとは、左の雨どいのパイプをカットし、自転車をどけていただけば最高です。

投稿: むろんた | 2006年12月14日 (木) 07時59分

四枚目どうして在るんでしょう、誰かが掃除もしているようですね、じっくり時間をかけて出来た錆は魅力があります。

投稿: 遍路人 | 2006年12月14日 (木) 11時05分

>むろんたさん
東京もいよいよ冬、街を撮り歩く者にとっては辛い季節に入ります(岩手に較べたら南国のような陽気かもしれませんが、長いこと自堕落な暮らしを送ってきた身にはこたえます)。
2枚目に写っている設計事務所は建物のセンスも素敵で、自宅を建てる時はこういう事務所に頼みたい。そんなことを考えながらシャッターを切りました(もっともそんな甲斐性はありませんが)。

投稿: Rambler5439 | 2006年12月14日 (木) 18時22分

>遍路人さん
杉並区の郷土資料館入り口(古い農家の楼門)に、無造作に置いてありました。長く陽に晒されて褪色した木材と錆。ぼくも大好物なので、いろいろアングルを吟味して3枚ほど撮りました。

投稿: Rambler5439 | 2006年12月14日 (木) 18時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 本郷通り沿いの小径で | トップページ | 135mmで撮った浅草橋 »