« 黄昏の日本堤 | トップページ | 水辺の工場街 荒川区編 »

2006年12月 3日 (日)

材木問屋街

JR総武線浅草橋駅から常磐線南千住駅まで歩いた29日、台東区千束2丁目で材木問屋街に遭遇しました。材木屋さんの建物にはもともと独特の味わいがあるのですが、それが集まっている光景はなかなか壮観でした。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

Imgp8597 ISO200、1/60、絞り不明、-1.3EV、50mm、RAW
(台東区千束2丁目)






Imgp8602 ISO200、1/800、絞り不明、-1.3EV、50mm、RAW
(同上)






Imgp8607 ISO200、1/200、絞り不明、-1.3EV、50mm、RAW
(同上)



PENTAX PEOPLE に参加しています !!

|

« 黄昏の日本堤 | トップページ | 水辺の工場街 荒川区編 »

台東区」カテゴリの記事

コメント

古びた建物に真新しい材木が輝いて見えますね。木の香りがただよってくるような感じです。

投稿: jitensya7 | 2006年12月 3日 (日) 22時28分

ほ~、あの界隈は材木問屋が多いのですか。日光街道や隅田川に近いことと関係があるのでしょうかね。jitensya7さんの仰るとおり、特に3枚目は清々しい木の香りがプンプン匂ってきそうです。
お体はいかがですか? 火ぶくれになるまで歩いた真夏の行軍が、今になってたたり始めたということはないでしょうか。私なんぞも、しばらく経ってから症状が出ることがありますよ。先日の左肩の激痛なんて、撮影サイクリングから4日目に来ましたから。

投稿: マフィンマン | 2006年12月 3日 (日) 22時41分

>jitensya7さん
実際、真新しい木材の香りが心地よかったです。写ってはいませんが作業や商談をしている人たちもいて、けっこう活気がありました。この辺りは予想外に変化に富んだ界隈でした。

投稿: Rambler5439 | 2006年12月 3日 (日) 22時49分

Rambler5439さん、3枚目の写真の真ん中のおうち、
とってもカワイイです。
壁がクリームかかった黄色で、屋根がペパーミントグリーン!

投稿: readymade_ayu | 2006年12月 3日 (日) 22時57分

>マフィンマンさん
ご心配いただき恐縮です。この一週間ほど、夕刻になると偏頭痛に見舞われています。長年にわたる自堕落な生活、そのダメージがボディブローのように効いてくる年代に入ったのかもしれません。
今日は荒川、尾久、町屋を歩くつもりだったのですが、朝になって急用が飛び込み果たせず、澄みきった青空を見上げては溜め息ばかりついていました。

投稿: Rambler5439 | 2006年12月 3日 (日) 23時00分

>readymade_ayuさん
コメントをいただくまでは真ん中の建物も材木屋さんとばかり思い込んでいたのですが、改めて観察すると職人さんの作業場のようにも見えますね。この日は夕暮れの南千住を撮りたくて先を急いでいたので、一軒一軒の建物をじっくり観察する余裕がありませんでした。今月中にもう少し丁寧に撮ってきます。

投稿: Rambler5439 | 2006年12月 5日 (火) 00時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 黄昏の日本堤 | トップページ | 水辺の工場街 荒川区編 »