« 材木問屋街 | トップページ | 駄菓子屋"たちばな"のある街 »

2006年12月 4日 (月)

水辺の工場街 荒川区編

隅田川沿いの荒川区には、大小さまざまな工場が立地しています。工場が大型マンションに姿を変えているケースも多く、モノづくりの現場が東京や日本から消えつつあるのを実感させられます。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

Imgp8486 ISO200、1/250、絞り不明、-1.7EV、50mm、RAW
(荒川区荒川1丁目/操業をやめた工場も多く見かけます)






Imgp8477 ISO200、1/200、絞り不明、-1.7EV、50mm、RAW
(同上)






Imgp8467 ISO200、1/160、絞り不明、-1.7EV、50mm、RAW
(荒川区荒川8丁目/背後に聳えるのはアクロシティ)






Imgp7887 ISO200、1/640、絞り不明、-2.0EV、50mm、RAW
(荒川区町屋5丁目/ここは現役です)






Imgp7872 ISO200、1/800、絞り不明、-1.0EV、50mm、RAW
(荒川区町屋6丁目)







Imgp7881

ISO200、1/400、絞り不明、-2.0EV、50mm、RAW
(荒川区町屋7丁目)


[2006年12月2日の散歩]
JR総武線両国駅-墨田区両国3-千歳2-江東区新大橋2-新大橋3-森下1-常盤2-森下2-森下3-高橋-白河1-清澄2-白河1-三好1-三好2-三好1-平野1-深川2-深川1-福住1-永代2-福住1-佐賀2-中央区新川1-新川2-八丁堀2-地下鉄日比谷線八丁堀駅。所要時間4時間30分。

[2006年12月3日の散歩]
お休み

PENTAX PEOPLE に参加しています !!

|

« 材木問屋街 | トップページ | 駄菓子屋"たちばな"のある街 »

荒川区」カテゴリの記事

コメント

いくら錆好きの自分でもこの迫力にはタジタジです、圧倒されそうです 気力体力が不充分な今は敵前逃亡したい気分です。

投稿: 遍路人 | 2006年12月 4日 (月) 20時17分

4枚目のコンクリ煙突の隣の金属煙突、サビてボロボロですね。現役当時の、働きっぷりが偲ばれます。
私、東部戦線を撮りながらいつも思うのですが、日本も東京も確実に衰亡しつつありますね。工場は朽ち、子供は減り――という光景を見るにつけ、様々な意味での生産力は落ちるばかり、と思わざるを得ません。
先日、大手建材メーカーの知り合いとメシくりながら、そのことを話すと、彼曰く、
『高層マンションも20~30年後にはゴーストタウン化するよ。今の団地と同様にね。いや、その前に、火災にでも遭ったら、もうお終いだ』
生産力は落ち、スラム化が進む街。もっとも、そのスラムの様子も数十年後に撮ってやろう、と思ってはいますが。

投稿: マフィンマン | 2006年12月 4日 (月) 22時13分

>遍路人さん
ここにアップした写真は2回にわたって撮ったものです。町屋7丁目の工場街はあまりにも殺風景で、心身ともにキツいものでした。ただ、まだまだ歩いていない道がたくさん残っていますので、次は晴れ渡った日に歩こうと思っています。

投稿: Rambler5439 | 2006年12月 5日 (火) 00時41分

>マフィンマンさん
煙突が写っている4枚目を撮ろうと後ずさりしているうちに、犬のウンチを踏んでしまい往生しました(トレッドの深い靴だと、隙間に入り込んだのが厄介なんです)。

>東部戦線を撮りながらいつも思うのですが、日本も東京も確実に衰亡しつつありますね

同感です。西部戦線の住宅地を歩いていても、街が衰退しつつあると痛感させられます。たぶん我々の国は社会全体のグランドデザインを間違えてしまったか、あるいは余りにもデザイン密度の低いプランに従って、街や暮らしをつくってしまったのだと思います。

投稿: Rambler5439 | 2006年12月 5日 (火) 00時58分

三枚目の青いトタンの工場、ここなんとか見学して見たいですね。
写真の構図がいいのか呼ばれている気がします。

投稿: あおい | 2006年12月 6日 (水) 22時40分

>あおいさん
3枚目の工場はアクロシティとの対比が面白く撮ったものです。たぶん皮革工場だったかと思います。

投稿: Rambler5439 | 2006年12月 6日 (水) 23時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 材木問屋街 | トップページ | 駄菓子屋"たちばな"のある街 »