« 千束3丁目の小径で | トップページ | 黄昏の日本堤 »

2006年12月 1日 (金)

荒川2丁目の華

東京雑派のmuffin-manさんが見つけてくれた"富士見湯 "に、とうとうお詣りしてまいりました。一昨日の記事でご紹介した炭住風長屋の先を左折すると、行く手に煉瓦塀もある路地が続いていました。

Imgp8453 ISO200、1/50、絞り不明、-1.7EV、50mm、RAW
(荒川区荒川2丁目)

 




シャッターを切りながら前進し、ふと右手に目をやると・・・

Imgp8443 ISO200、1/40、絞り不明、-1.7EV、50mm、RAW
(同上/全体は東京雑派の写真をご覧ください)






あまりにも唐突な出現 !! 霧雨が舞っていたのですが "ここで撮らなきゃ * ist DSも不本意だろう"と、濡れるにまかせ夢中でシャッターを切り続けました。ボイラーが唸り煙突から煙が出ているので、ひと風呂浴びなければと表に廻ったのですが、まだ営業前で果たせませんでした。次回は開店直後にお邪魔して内部を拝見(できれば撮影)したいと思います。

[2006年11月30日の散歩]
お休み

PENTAX PEOPLE に参加しています !!

|

« 千束3丁目の小径で | トップページ | 黄昏の日本堤 »

荒川区」カテゴリの記事

コメント

ただただ感嘆しています、風邪等ひかぬ様願ってます、こんな時こそお風呂に入って欲しかった。

投稿: 遍路人 | 2006年12月 1日 (金) 18時48分

おお、ついに荒川区の秘湯・富士見湯に!!
やっぱり、ここまで被写体に迫ったほうがリアルで街に空気が出ますね。ここ、壁のレンガもいい感じですよね。
快晴もいいですが、こうして雨に軽く打たれて湿ったアスファルトも、路地を彩っています。

ただ、正面の入口あたりはどうでした?
私が撮った時も営業前でしたが、意外に、と言ったら失礼かもしれませんが、ごくフツーなんですよね。

投稿: マフィンマン | 2006年12月 1日 (金) 21時24分

Rambler5439さん、置いてある赤い自転車も歴史がありそうです。
そのうち是非、内部も撮影して見せてくださいねっ。

投稿: readymade_ayu | 2006年12月 2日 (土) 00時06分

>遍路人さん
これからが冬本番ですので、街撮りの途中で入浴する場合、しっかりした"湯冷め"対策をしないと風邪をひきそうです。小春日和限定にするのか、あるいは湯上がりにコーヒー牛乳一気飲みで気合いを入れるのか、いろいろ考えてみます。

投稿: Rambler5439 | 2006年12月 2日 (土) 09時13分

>マフィンマンさん
晴れた日に撮ったのでは"いけね、こんな場所で勃っちゃった"に到底かないませんので、あえて曇天の日に訪ねた次第です。期待以上の光景に圧倒されたせいで、なんと30枚以上撮ったほとんどが同じアングルでした。
正面入り口は確かに"フツー"という感じでした。で、逆に"内部はどうよ"と興味を膨らませているところです。

投稿: Rambler5439 | 2006年12月 2日 (土) 09時22分

>readymade_ayuさん
昨晩、"ALWAYS"という昭和30年代の東京をモチーフにした映画が放映されていましたが、荒川2丁目ではCGなし、オールロケで似たような作品が撮れるかもしれません。いい街です。ぜひ一度歩いてみてください。

投稿: Rambler5439 | 2006年12月 2日 (土) 09時26分

こんにちは。
銭湯の中って興味ありますね。
古びた下駄箱や風呂の壁に描かれた富士山の絵。いいですね~。
撮影出来ればいいですね。

投稿: むろんた | 2006年12月 2日 (土) 14時58分

>むろんたさん
開店直後、他のお客さんがいないときに頼んで撮影させていただこうと思っています。おそらく年代物の木製ロッカーや番台、休憩用の縁台なんかがいい味を出しているんじゃないでしょうか。もちろんタイル絵も楽しみです。

投稿: Rambler5439 | 2006年12月 3日 (日) 14時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 千束3丁目の小径で | トップページ | 黄昏の日本堤 »