« 晩秋の神楽坂 | トップページ | 本郷通り沿いの小径で »

2006年12月12日 (火)

白山1丁目の小径で

路地や小径は望遠レンズで撮ったほうが面白いのでは?ということで、最近は28年前に買ったTakumar 135mm f3.5を時おり使っています。暗いレンズなのでピント合わせが大変なのですが、それもまた写真の楽しみ。死ぬまで使い続けてやろうと思っています。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

Imgp9508 ISO400、1/200、絞り不明、-1.3EV、135mm、RAW
(文京区白山1丁目/こんな路地が何本かありました)






Imgp9510 ISO400、1/100、絞り不明、-1.3EV、135mm、RAW
(同上)






Imgp9492 ISO200、1/60、絞り不明、-1.3EV、50mm、RAW
(同上/廃業した理容店)






Imgp9486 ISO400、1/200、絞り不明、-1.7EV、50mm、RAW
(同上/理容店の裏側)






PENTAX PEOPLE に参加しています !!

|

« 晩秋の神楽坂 | トップページ | 本郷通り沿いの小径で »

文京区」カテゴリの記事

コメント

三枚目 そう理容店のドア―はこんな感じのが多かったです、カーテンもこんな感じでした、まさか営業はしてないですよね、「廃業した」でした。

投稿: 遍路人 | 2006年12月12日 (火) 12時44分

Rambler5439さん、白山・春日あたりにょきにょきマンションが
建ってきていますが、とても良いところですよね。
小石川植物園に撮影に行きたいです。

投稿: readymade_ayu | 2006年12月12日 (火) 18時43分

>遍路人さん
この理容店の裏側は見事なほどの錆び具合いでした。小石川や白山の界隈は荒んでいるというわけではないのですが、所々で鉄の華を見かけました。印刷業界関連の家内工業的な工場の廃業などが影響しているのかも知れません。

投稿: Rambler5439 | 2006年12月12日 (火) 19時17分

>readymade_ayuさん
小石川や白山、春日、西片、本郷などの街には、下町とも山の手ともつかない独特の味わいを感じます。もっと頻繁に歩きたいのですが、兄と姉が本郷と小石川に住んでいるので、あまりウロツくわけにもいきません。ちなみに兄弟の間では、"仕事もせずフラフラしている大ウツケ"と呼ばれています(笑)。

投稿: Rambler5439 | 2006年12月12日 (火) 19時25分

ここでも、ツタがからまりつつありますね~。東京のツタはスゴい生命力だ……って、よく見ると朝顔じゃないですか?!
ドアに斜めに架かる取っ手(バー)は、昔の商店などでよく見かけましたね。今見てもモダンです。廃業してすでに長いこと経ってそうですが、モダンさは失われてませんね。

ところで私のPCだと、サムネールをクリックしても、100%まで拡大されず、画面の下が切れてしまうのですが、どう設定し直したらいいのでしょうか。

投稿: マフィンマン | 2006年12月12日 (火) 21時06分

>マフィンマンさん
画像のドット数は縦方向が830になっておりますので、モニターの解像度設定が880程度より小さいと下が切れてしまうかもしれません。友人からも同じ指摘がありましたので、明日以降は縦方向のドット数を800に設定してみます。
ところでこの斜めの取っ手、洒落てますよね。廃業して相当時間が経過している割りには荒んだ印象ありませんでした。ギャラリーやアトリエとして使ったら、けっこうイケルような気もします。

投稿: Rambler5439 | 2006年12月12日 (火) 21時57分

この辺りになると東部戦線の路地とはまた違った雰囲気がありますね。こちらは少々モダンというかあか抜けているというか、東部よりはゆとりがあるという印象です。

投稿: jitensya7 | 2006年12月12日 (火) 23時27分

>jitensya7さん
白山や本郷界隈を歩いていて、昔の様式で家を新築している例が意外なほど多いことに気づきました。新築の長屋も何軒か見かけ、嬉しくなってしまいました。

投稿: Rambler5439 | 2006年12月13日 (水) 18時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 晩秋の神楽坂 | トップページ | 本郷通り沿いの小径で »