« 日の出商店街の路地裏で | トップページ | 大塚5丁目点描 »

2006年11月13日 (月)

いづみや青果店

昨日はまず西武新宿線中井駅から北上、西武池袋線椎名町駅周辺を散策したのち、目白や雑司ヶ谷を経由して大塚の坂下通り・日の出商店街方面へ向かいました。今日ご紹介するのは、雑司ヶ谷で見かけた廃業した青果店。マンションの照り返しを浴びて、しっとりとした輝きを見せていました。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

Imgp7507
ISO200、1/200、絞り不明、-1.0EV、50mm、RAW
(豊島区雑司が谷2丁目)





Imgp7515
ISO200、1/80、絞り不明、-1.7EV、50mm、RAW
(同上/店内に残されている自転車)





Imgp7517
ISO200、1/100、絞り不明、-1.7EV、50mm、RAW
(同上)





Imgp7505 ISO200、1/60、絞り不明、-1.3EV、50mm、RAW
(同上/周辺の風景)


[2006年11月12日の散歩]
西武新宿線中井駅-新宿区上落合2-上落合1-下落合4-豊島区目白5-西池袋4-長崎1-長崎2-長崎3-南長崎4-南長崎3-南長崎2-南長崎1-目白5-目白4-目白3-目白2-雑司ヶ谷3-雑司ヶ谷2-雑司ヶ谷1-文京区大塚5-大塚6-豊島区東池袋5-文京区大塚6-大塚5-豊島区南大塚3-JR山手線大塚駅。所要時間6時間。

PENTAX PEOPLE に参加しています !!

|

« 日の出商店街の路地裏で | トップページ | 大塚5丁目点描 »

豊島区」カテゴリの記事

コメント

シャター街なんてものではなくこれじゃゴーストタウンですよ淋しいなー
三枚目が好きです バックがどんな物か判別出来る程度のボケがなんとも気に入ってます。

投稿: 遍路人 | 2006年11月13日 (月) 20時41分

2~3枚目は、Rambler5439さんのコメントを読まないと、まるで田舎の光景ですね。というか、よく見ると、4枚ともひなびた田舎の風景です。
自転車、決して古くはないですね。しかもカギがしっかり架かっているし。気になります。
『肉の大久保』は頑張っているのでしょうか。

投稿: マフィンマン | 2006年11月13日 (月) 21時06分

>遍路人さん
この通りは雑司ヶ谷では一番の商店街です。日曜日は休みの店が多いこともあって寂寥感が漂っていますが、普段はもっと賑わっているはずです。久しぶりに歩いたのですが、やはり雑司ヶ谷はいいです。遍路人さんもぜひ足をのばしてみてください。

投稿: Rambler5439 | 2006年11月13日 (月) 21時26分

>マフィンマンさん
三河屋履物店へ向かう道すがら撮影したものです。
"いづみや"の両サイドは現在も営業中だと思います。そのうちウィークデーに行ってみようと思っています。

投稿: Rambler5439 | 2006年11月13日 (月) 21時29分

自転車乗りとしては2枚目3枚目が気になります。3枚目のスポットライト的な光と背後の朽ちた壁、古びた柱、まるで廃線に残された駅のようです。肉屋さんと言えば、中学の部活の帰りにコロッケやハムフライを買って食べました。緑色の紙に包んでくれたような記憶があります。

投稿: 豊山 | 2006年11月13日 (月) 22時55分

>豊山さん
向かい側にあるマンションに傾いた陽がいい具合に反射していて、ラッキーでした。看板に書かれている絵はもっともっといい色合いだったのですが、上手く撮れませんでした。手間を惜しまずにPLフィルターを着けるべきだったと反省しているところです。

投稿: Rambler5439 | 2006年11月13日 (月) 23時13分

からっぽの店内に射し込む光がいい感じを出していますね。ぽつんと1台だけおかれた自転車もよくマッチしていると思います。

投稿: jitensya7 | 2006年11月13日 (月) 23時21分

「いづみや青果店」さすがです。
雑司が谷がよその町のように見えてしまうのはあきらかに撮影者の目線によるものが私と異なるせいだと思いますが、他に何かあるようです。マジックのようなもの?
日曜日は意外と商店街が閑散としていて寂しいです。

投稿: あおい | 2006年11月14日 (火) 01時18分

ここも廃業したのですね。残念なことです。
八百屋さんの楽しみはその大きな看板です。
それぞれ店の個性が出ていて、みていて楽しいです。
ほんとうに八百屋さんが少なくなりました。

投稿: むろんた | 2006年11月14日 (火) 04時50分

>jitensya7さん
快晴でコントラストが強い一日だったのですが、ちょうど上手い具合にマンションがレフ板の役目を果たしてくれました。木枯らしのなかを長時間歩いたので、写真の神様がご褒美をくれたのかもしれません。

投稿: Rambler5439 | 2006年11月14日 (火) 08時01分

>あおいさん
過分のコメント、ありがとうございます。
昨年の暮れにもこの場所を通ったはずなのですが、まったく記憶に残っていません。11ヶ月の間に自身のなかで何かが変化したのかもしれません。

>マジックのようなもの?
たぶんレンズ(PENTAX-M 50mm f1.7)のなせる業です。

投稿: Rambler5439 | 2006年11月14日 (火) 08時08分

>むろんたさん
八百屋と魚屋さんの看板には見事なものが多いですね。古い時代(江戸末期・明治)からの伝統的なスタイルなのかもしれません。見事な分だけ廃業によって看板だけが残っていると、いっそうもの哀しさを感じてしまいます。

投稿: Rambler5439 | 2006年11月14日 (火) 08時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日の出商店街の路地裏で | トップページ | 大塚5丁目点描 »