« 新井薬師前の商店街で | トップページ | 不審者 »

2006年11月21日 (火)

夏目漱石的時間旅行

地下鉄丸ノ内線の新大塚駅前に"坊ちゃん"という大衆食堂があります。で、ここから春日通りを東に向かい本郷三丁目の交差点を左折、本郷通りを600mほど北上すると"こころ"という喫茶店にたどり着きます。共通点は、どちらの店もこの33年間、ほとんど変わっていないということ。昭和40年代の雰囲気を味わいたい人にお薦めです。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

Imgp7641
ISO200、1/100、絞り不明、-1.7EV、50mm、RAW
(文京区大塚5丁目)





Imgp7651
ISO200、1/15、絞り不明、-1.7EV、50mm、RAW
(豊島区南大塚3丁目/丸ノ内線新大塚駅からJR山手線大塚駅に向かう途中の光景)




Imgp7653
ISO200、1/50、絞り不明、-1.7EV、50mm、RAW
(同上)





[2006年11月21日の散歩]
お休み

PENTAX PEOPLE に参加しています !!

|

« 新井薬師前の商店街で | トップページ | 不審者 »

文京区」カテゴリの記事

豊島区」カテゴリの記事

コメント

『坊ちゃん』は何度か前を撮る過ぎるたびに入ろうかどうしようか迷い、結局、いまだに試してません。確かに昭和の香りプンプンなのですが、店の構えが白っぽいせいか、胃に訴えかけてくるパワーが今一つ弱いんですよねえ。
南大塚3丁目界隈は、全く行ったことがありません。やさしい風合いの街ですね。

投稿: マフィンマン | 2006年11月21日 (火) 21時29分

>マフィンマンさん
33年前、留年した僕は付き合って留年してくれた友人Mと二人で、"東京 見て歩き食べ歩き"という暇つぶし企画をたて、ノートを片手に都内を歩きました。最初に歩いたルートは池袋-本郷、最初に食べたのが"坊ちゃん"の親子丼です。昨年暮れ "東京2000マイル"の目論見を打ち明け、「また付き合えよ」と誘ったところ、いまは銀行の専務執行役員となっている友人は、さすがに「うーん」と唸ったきり酒をあおり続けていました。

投稿: Rambler5439 | 2006年11月21日 (火) 22時06分

3枚とも私の生活テリトリーですよ。2、3番目の写真の場所からうちのマンションは1分ほどです。
天祖神社の真横なんです。
『坊ちゃん』は一度だけあります。赤い二人掛けの椅子が印象的でした。店内も味も私は好きです。

投稿: あおい | 2006年11月22日 (水) 02時18分

たしかにこの『坊ちゃん』の看板も・・・。
この2枚目のお写真ですが、店が開いて照明が点灯した姿を思い浮かべると、活気が伝わってきます。一度その姿を撮ってみたいと感じます。

投稿: むろんた | 2006年11月22日 (水) 04時18分

>あおいさん
夕暮れに向原方面から大塚に向かって下ってくる都電を撮るため急いでいたので立ち寄りませんでしたが、次回はぜひ坊ちゃんで食事をと思っています。
南大塚の商店街は活気があって楽しげですね。

投稿: Rambler5439 | 2006年11月22日 (水) 08時11分

>むろんたさん
日曜日だったのでシャッターが目立ちますが、寂びれている印象は受けませんでした。たぶん普段の日は相当活気があるはずです。対面販売で賑わう昔ながらの商店街は、都内でも少なくなっています。そのうち広角系のレンズをつけて撮ってみます。

投稿: Rambler5439 | 2006年11月22日 (水) 08時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新井薬師前の商店街で | トップページ | 不審者 »