« 沼袋の秋 | トップページ | 夏目漱石的時間旅行 »

2006年11月20日 (月)

新井薬師前の商店街で

新井薬師の門前には古くからの商店街があり、今も賑わいを見せています。しかし呉服や洋品、靴といった買い廻り品を商うお店は苦戦を強いられているようで、そこはかとない寂しさを漂わせているのでした。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

Imgp7797
ISO200、1/125、絞り不明、-1.0EV、50mm、RAW
(中野区新井5丁目)





Imgp7803
ISO200、1/125、絞り不明、-1.0EV、50mm、RAW
(中野区上高田2丁目)





Imgp7794
ISO200、1/500、絞り不明、-1.0EV、50mm、RAW
(同上)





[2006年11月19日、20日の散歩]
お休み

PENTAX PEOPLE に参加しています !!

|

« 沼袋の秋 | トップページ | 夏目漱石的時間旅行 »

中野区」カテゴリの記事

コメント

新井薬師もなかなかですね。
『ひなどり園小鳥店』、先ずもって店の名前がいいですね。緑色の可愛らしい額に彩られてるし。
そして、木枠の窓。ガキの頃、近くにあった小鳥屋そのものです。親にんねだって、カナリアやセキセイインコを買ってもらったものです。エサの始末とか大変なんですけど、店の人が親切に教えてくれものです。
あ、ちなみに、その小鳥屋の隣はハンコ屋で、その隣はナンと、焼鳥屋でした。
今は3軒とも跡形もなく消え去りました。

じいさんが写っている店は、何屋なんでしょうか。

投稿: マフィンマン | 2006年11月20日 (月) 21時54分

>マフィンマンさん
新井から上高田のあたりは侮れません。この一帯の小径密度は、東京でもかなり上位にランクされるのではないでしょうか。お店もいい味だしてそうなのが沢山ありました。
>じいさんが写っている店は、何屋なんでしょうか。
大判焼きのお店です。江古田で団子を食べたあと沼袋で"たいやき"を買い込んでいたので、遠慮しましたが、けっこう美味そうでした。

投稿: Rambler5439 | 2006年11月20日 (月) 22時09分

小鳥屋さん、最近は見ないですね~。ガラス越しに小鳥達が見えて、なんだか楽しそうです。戸を開けた瞬間、独特の匂いが漂ってきそうですね。

こうして見ると都市部ほど古くからの商店街が残っているようですね。オイラの地元では郊外型の大型店ばかりが目立ち、古くからの商店街は衰退するばかりです。

投稿: 豊山 | 2006年11月21日 (火) 00時20分

一枚一枚から新井薬師前商店街の雰囲気が伝わってきました。小鳥屋さんも金物屋さんのある風景も末永く残って欲しい物です。緑の半開きのシャッターと上品なタイルそして秘っそりと立て掛けているビニール傘(見たまんまのコメントですみません)ここ写真も気に入りました。近く行こうと思っています。
大塚坂下町入り口(護国寺側)すぐに飼鳥専門店があるのご存知ですか?木造の年季ある佇まいですが玉ノ井辺りの感じに似ていました。

投稿: あおい | 2006年11月21日 (火) 04時11分

>豊山さん
新井薬師は都内でも屈指の有名なお寺で、多くの参拝客で賑わっていますから、古いお店がよけい残っているのかもしれません。8のつく日の縁日には参道や境内にたくさんの露店も並びます(訪ねた日がたまたま18日だったので、冷やかしながら歩きました)。

投稿: Rambler5439 | 2006年11月21日 (火) 08時25分

>あおいさん
新井薬師界隈はお薦めです。あおいさん好みの風景がゴロゴロしていると思いますよ。もっと魅力を伝えられれば良かったのですが、視度調整が狂っていて殆どがピンぼけになってしまいました。
坂下通りの飼鳥専門店には気づきませんでした。次に歩くときに覗いてみます。

投稿: Rambler5439 | 2006年11月21日 (火) 08時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 沼袋の秋 | トップページ | 夏目漱石的時間旅行 »