« 幻の水郷 | トップページ | 立石駅周辺 »

2006年11月26日 (日)

荒川2丁目の小径で

muffin-manさんが紹介している富士見湯 を探し歩いているときに見かけた光景。雪が降ったら真っ先に撮りにいこうと思っています。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

Imgp7971
ISO200、1/160、絞り不明、-1.7EV、50mm、RAW
(荒川区荒川2丁目)





Imgp7974
ISO200、1/40、絞り不明、-1.7EV、50mm、RAW
(同上)





Imgp7979
ISO200、1/80、絞り不明、-1.7EV、50mm、RAW
(同上/突き当たりを右折すると富士見湯か)





Imgp7935
SO200、1/125、絞り不明、-1.7EV、50mm、RAW
(同上)





Imgp7940 SO200、1/125、絞り不明、-1.7EV、50mm、RAW
(同上)


PENTAX PEOPLE に参加しています !!

|

« 幻の水郷 | トップページ | 立石駅周辺 »

荒川区」カテゴリの記事

コメント

気力体力充分ですね、自分はこうした環境に入り込むと気力負けで最近は逃げ出したくなります、もう少し気力を高めてから参加させていただきます。

投稿: 遍路人 | 2006年11月26日 (日) 11時40分

>遍路人さん
カメラを片手に小径を歩きつづけていると、散歩以外のことはどうでもいいような気分になります。できることなら、自宅に戻らないでいつまでも歩き続けたい。最近、そんなことを考えはじめています。

投稿: Rambler5439 | 2006年11月26日 (日) 12時00分

うひゃあ~! 銭湯を撮った際に荒川2丁目はこまめに探訪したつもりなのですが、どれもおったまゲーションです。
何と言っても5枚目は鬼気迫るものがありますね。黒澤明 『 用心棒 』の舞台になった、荒廃した宿場町のようで、空っ風のホコリの匂いまで漂ってきそうです。
『防火用水』は昨日、私も湊で撮りましたが、荒川2丁目の防火用水を前にすると、まるでお嬢さん芸です。

投稿: マフィンマン | 2006年11月26日 (日) 17時11分

なんか寂しいです。人の意識みたいな物がほとんど感じられない物件もある様で街全体も取り残されたような感があります。
四番目、五枚目好きな光景で何とも言えないくたびれ加減が良いです。この二枚にはまさに人の意識がほとんどないように思えます。
三枚目のグルグルの電線どんな電線なんでしょうか?エキセントリックな感じが気になります。

投稿: あおい | 2006年11月26日 (日) 19時09分

>マフィンマンさん
荒川2丁目を南北方向に2回縦断して見つけた光景です。マフィンマンさんは東西に横断を繰り返したのではないですか。
4枚目と5枚目は同じ建物です。できることなら冬晴れの日に、青っ洟をたらした少年たちが日向ぼっこをしている写真を撮ってみたい、そんなことを考えました。

投稿: Rambler5439 | 2006年11月26日 (日) 19時30分

>あおいさん
曇天の下で撮ったので暗い雰囲気になってしまいましたが、荒川2丁目は人影も多く荒廃しているという感じは受けませんでした。晴れた日や雪の日にも歩いてみたい、そう思わせるような街でした。
3枚目のグルグル電線はぼくも気になっていました。何なんでしょうね。

投稿: Rambler5439 | 2006年11月26日 (日) 19時35分

下町とリヤカーって似合いますね。昔は自転車でリヤカー引っ張ってる姿を見かけましたが、今じゃ絶滅寸前でしょうか。先日、リヤカーを引いてアマゾン流域を旅する、そんな番組を見たばかりなので思わず嬉しくなりました。

最後の1枚は昭和の匂いがプンプンしますね。ちょっとした文化遺産ですね~。

投稿: 豊山 | 2006年11月27日 (月) 00時15分

>豊山さん
屋台を除くと、お祭りの先触れ太鼓を載せているとかダンボールを回収しているものぐらいしかリヤカーを見なくなりましたねえ。5枚目に写っているような棟割り長屋もドンドン取り壊されていて、もうじき見られなりそうです。

投稿: Rambler5439 | 2006年11月27日 (月) 08時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 幻の水郷 | トップページ | 立石駅周辺 »