« 平和橋を渡って | トップページ | 千束3丁目の小径で »

2006年11月29日 (水)

荒川2丁目ふたたび

荒川区の常磐線より北のエリアでは、曲がりくねった小径に沿って昔ながらの光景がそこかしこに潜んでいます。この街だけ時間がゆっくり流れているのではないか。昨日、小糠雨に濡れた荒川の小径をさまよいながら、ふとそんな奇想にとらわれました。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

Imgp8423
ISO200、1/800、絞り不明、-1.7EV、50mm、RAW
(荒川区荒川2丁目/平成天皇の誕生を記念して建立された石碑。都電荒川線荒川2丁目停車場の近くで見つけました)




Imgp8425
ISO200、1/30、絞り不明、-1.7EV、50mm、RAW
(同上/2丁目の路地で見かけた年代物の棟割り長屋)





Imgp8427
ISO200、1/15、絞り不明、-1.7EV、50mm、RAW
(同上/棟割り長屋の3軒中2軒は空き家でした)





[2006年11月28日の散歩]
地下鉄千代田線町屋駅-荒川区町屋2-町屋-3-町屋5-町屋6-町屋3-町屋8-町屋1-町屋3-町屋2-町屋1-荒川7-荒川2-荒川8-荒川1-荒川3-東日暮里3-東日暮里2-東日暮里1-地下鉄日比谷線三ノ輪駅。所要時間5時間。

PENTAX PEOPLE に参加しています !!

|

« 平和橋を渡って | トップページ | 千束3丁目の小径で »

荒川区」カテゴリの記事

コメント

どれも力作ですねえ。
あえて絞らせていただくと、やはり2枚目かな。東京タワーの完成も東京五輪も見届けてきたって感じの長屋ですね。牛乳箱が半開きになっているウチもありますね。すべて空き屋ですか?
私、思うのですが、こういう廃長屋をちょこっとだけリニューアルすれば、案外、若者が住み着くのではないかなあ。まあ、今どきですから、ブロードバンド環境と、ユニットバスも無理矢理設置すれば、独身男なんか喜んで住みますよ。どうせ同棲も結婚もしないんだから、広さは十分。
……って、私が独りで住みたいだけですが。

投稿: マフィンマン | 2006年11月29日 (水) 21時45分

>マフィンマンさん
この長屋は、富士見湯を探しているときに見つけたものです(富士見湯から北北東に約50mのところにあります)。20回ほどシャツターを切ったのですが、絞りが中途半端だったり、手ブレしていたりと散々でした。近いうちに撮り直しにいこうと思っています。
富士見湯を探す過程で、たくさんの素晴らしい光景にめぐり会うことができました。心から感謝しています。

投稿: Rambler5439 | 2006年11月29日 (水) 23時15分

二番目の均等に並んだ家作の写真。玄関の三角屋根から炭坑町をイメージしてしまいます。牛乳箱とバケツが良いアイテムになっていますね。

投稿: あおい | 2006年11月30日 (木) 21時10分

>あおいさん
常磐炭坑の炭住を目撃したことがあるにもかかわらず、指摘されるまで気づきませんでした。確かに炭住のデザインに酷似しています。常磐貨物駅の隅田川駅はもともと常磐炭坑の石炭を扱っていたといいます。案外、大工さんたちも常磐線で行き来していたのかもしれませんね。

投稿: Rambler5439 | 2006年11月30日 (木) 23時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 平和橋を渡って | トップページ | 千束3丁目の小径で »