« ある一日 | トップページ | 昭和が息づく街 »

2006年10月18日 (水)

公団阿佐ヶ谷住宅の秋

[謹告]
ココログのメンテナンス作業が終了しましたので、本日より再開します。

久々に訪ねた公団阿佐ヶ谷住宅はますます空室が増え、もの悲しい気配に包まれていました。また春の草花で彩られた姿を見たい。そんなことを思いながらシャッターを切りました。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

Imgp6311
ISO200、1/400、絞り不明、-1.7EV、50mm、RAW
(杉並区成田東4丁目)





Imgp6266
ISO200、1/640、絞り不明、-0.3EV、50mm、RAW
(同上)





Imgp6310

ISO200、1/200、絞り不明、-1.7EV、50mm、RAW
(同上)





[2006年10月16、17日の散歩]
お休み

PENTAX PEOPLE に参加しています !!

|

« ある一日 | トップページ | 昭和が息づく街 »

杉並区」カテゴリの記事

コメント

いい感じの公団なんですけどねえ。ちょいちょいっとリフォームしたら、きっとオリジナルより素敵になりますよ。そんなに難しいことではない、と思います。

投稿: マフィンマン | 2006年10月18日 (水) 21時12分

>マフィンマンさん
返事が遅れ、申し訳ありません。
ココログのメンテナンスが早く終了したと喜んでいたら、その後、長時間にわたってシステム・ダウン。「馬鹿野郎、料金返せ!」「あのう、Rambler5439さんはココログフリーなので、ご料金はいただいていないのですが・・・」てなやりとりをしておりました。

この団地は前川國男もかかわったという名作なんですが、例によって何の変哲もない集合住宅になっちゃうんでしょうか。「新しい建物から新しい思想は生まれない」
"アメリカ大都市の生と死"の著者、ジェーン・ジェイコブスの言葉です。

投稿: Rambler5439 | 2006年10月19日 (木) 17時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ある一日 | トップページ | 昭和が息づく街 »