« 読書の秋 | トップページ | 雨上がりの下北沢で »

2006年9月17日 (日)

井草八幡宮

岩手から素晴らしい銀塩写真を発表なさっているmuronntaさんの"日本 "という一枚に刺激され、歩いて3分ほどの距離にある井草八幡宮へ。凶暴なヤブ蚊の猛攻に耐えつつ30回ほどシャッターを切ったのですが、無惨な結果に終 わってしまいました。じっくり腰を据えて取り組まないとmuronntaさんのような写真は撮れない。そのことに気づいたことだけで良しとしましょう。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

_1562
ISO400、1/100、f2.0、-1.70EV、50mm、RAW
(杉並区善福寺1丁目)





_1566
ISO400、1/400、f1.7、-0.70EV、50mm、RAW
(同上)





_1568_1 ISO400、1/13、f4.0、-1.30EV、50mm、RAW
(同上)



[2006年9月17日の散歩]
お休み

PENTAX PEOPLE に参加しています !!

|

« 読書の秋 | トップページ | 雨上がりの下北沢で »

杉並区」カテゴリの記事

コメント

2枚目は、いい感じですね。背景に丸ボケがいくつも連なって踊ってます。まるでスーッと風が通っていくような。
1、3枚目は、いずれも竹ぼうきがアクセントになってますね。ちゃんと揃えておいてあるところが、画面に端正さを加えています。

投稿: マフィンマン | 2006年9月18日 (月) 10時15分

こんにちは。
muronntaこと、むろんたでございます。
この度は私の作品をご紹介いただきありがとうございます。
ブログで単独に紹介されるのは始めてで、嬉しいやら照れくさいやらです。
Rambler5439さんにはPENTAXのことでいろいろとお世話になります。
今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: むろんた | 2006年9月18日 (月) 12時21分

>マフィンマンさん
コメント、ありがとうございます。先ほどヨレヨレの状態で帰還したのですが、"写真はまず体力"であることを痛感しました。身体がしっかりしていないと、写真もヨレヨレになってしまうのですね。

投稿: Rambler5439 | 2006年9月18日 (月) 20時17分

>むろんたさん
"日本"には圧倒されました。あそこに写っている子供が48年ぐらい前の自分のような気がして、幾度となく拝見しました。純朴な畏怖心とでも言うべきものが、幼子の背中などから伝わってきて、見るたびに感動を新たにしています。

投稿: Rambler5439 | 2006年9月18日 (月) 20時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 読書の秋 | トップページ | 雨上がりの下北沢で »