« 駄菓子屋のもんじゃ焼き | トップページ | Adobe Lightroomで遊ぶ #4 »

2006年9月 8日 (金)

ドブロギター

中学生から高校生にかけての一時期、ギターに凝って、気に入った曲のコピーに明け暮れていたことがあります。ドブロギターの存在を知ったのもその頃でした。ボディーに円い金属製の共鳴板を貼り付けたその姿は、田舎に住むギター少年の目に眩しく映り、幾度となく写真を眺めては溜め息をついたことを憶えています。
先日、三崎町でアコースティック・ギター専門店を見かけたので店内を覗き込むと、壁にドブロギター。すっかり鈍ってしまった指を動かしながら、当時の記憶を反芻した次第です。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

_1525
ISO200、1/20、f8.0、-1.30EV、34mm、RAW
(千代田区神田三崎町2丁目)





_1526
ISO200、1/40、f5.0、-0.70EV、36mm、RAW
(同上)





_1524
ISO200、1/50、f8.0、-0.70EV、31mm、RAW
(同上)





PENTAX PEOPLE に参加しています !!

|

« 駄菓子屋のもんじゃ焼き | トップページ | Adobe Lightroomで遊ぶ #4 »

千代田区」カテゴリの記事

コメント

先日この辺 行きました、二枚目の写真、この吊り鉢の下に錆びたオブジェが在ったのでそればかり見てました、楽器屋さんもこの近所でしたか?

投稿: 遍路人 | 2006年9月 8日 (金) 17時45分

ギターと自転車――ナイスなコンビネーションですね。カッチョいいですよ。
私も中学時代にギターに憧れ、大して弾けもしないのに、旧友と2人で『番傘』という名のグループを組み、修学旅行先の京都で買ったアクセサリーの番傘をネックの先から垂らしてました。『古井戸』を目指していたのです。大ばか者でした。

投稿: マフィンマン | 2006年9月 8日 (金) 21時37分

>遍路人さん
鉄の塊から沢山のパイプが生えているジブリ風のオブシェは、ぼくも何枚か撮りました。アコースティックギター専門店は、あのオブジェを置いてあった店のすぐ近くです。

投稿: Rambler5439 | 2006年9月 8日 (金) 22時34分

>マフィンマンさん
"古井戸"とはこれまた懐かしい。
ぼくの方はまずPeter Paul & Maryをコピーしたのち、Paul Simonにチャレンジしました。ただし、いちばん好きだったのは小室等や彼が中心になって結成した六文銭、そして浅川マキでした。とくに、浅川マキのバックでブルース風のリードギターを弾いていた萩原さんにハマり、高校から大学にかけては、ライブの最前列で彼の指の動きだけを追ったりして、酔って歌っていた浅川マキから「坊や、あたしの歌って、そんなにつまんない?」とからまれたりしたものです。

投稿: Rambler5439 | 2006年9月 8日 (金) 22時41分

>「坊や、あたしの歌って、そんなにつまんない?」
カッチョいい! Rambler5439さんも、ギター小僧丸出しで、もう何もかも『あの頃』ならではですね。
それにしても、当時の浅川マキって、何歳だったんでしょうね。

投稿: マフィンマン追伸 | 2006年9月 9日 (土) 08時24分

マフィンマンさん

>当時の浅川マキって、何歳だったんでしょうね。
けっこう年上だと思っていましたが、Wikipediaで調べてみたら、1942年生まれですから20代の終わりから30代前半だったんですね。

投稿: Rambler5439 | 2006年9月 9日 (土) 09時04分

こんにちは。
コメントを読ませていただいているうちに…少し横から口を挟むようで申し訳ないのですが…私はPeter Paul & MaryのPuffをヤマハギター教室で練習しましたがそれ一曲でギターはくじけてしまいました。。(照)
それでも、初めて買ったLPレコードはSimon & GarfukleのLPだったことを今でも覚えています。
なんとなく、懐かしいころのお話を読ませていただき、口をさしはさんで。。すみません。
ギターと自転車のお写真、とても懐かしい感じがします。

投稿: sunrise | 2006年9月 9日 (土) 14時03分

>sunriseさん
ぼくが最初にコピーした曲が"Puff"で、次がBob Dylanをカバーした"Don't Think Twice , It All Right"あたりだったかと思います。東北の田舎町にはヤマハギター教室などあろうはずもなく、ひたすらテープを聴き直したものでした。
Simom & Garfunkelの曲は今もときどき聴きます。特にPaul Simonの"Still Crazy After All These Years"や"American Tune"、Art Garfunkelの"Traveling Boy"は大のお気に入りです。デュオ時代の作品では何といっても"America"。理由は3月15日のエントリーをお読みいただければ幸いです。


投稿: Rambler5439 | 2006年9月 9日 (土) 20時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 駄菓子屋のもんじゃ焼き | トップページ | Adobe Lightroomで遊ぶ #4 »