« 雨上がりの下北沢で | トップページ | 大久保通り沿いの小径で »

2006年9月19日 (火)

渋谷区本町

渋谷区本町は、畦道や水路がそのまま生活道路になったのではないかと思うほど狭い道が錯綜しており、1/10000地形図の"中野"に描かれている全道路を踏破する上で、最も忍耐を強いられるエリアになるだろうと覚悟しています。地形図に描かれていない路地が多い割りに、景色は退屈。曇天の日にでもコツコツ歩くしかないですね。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

_1500_2
ISO200、1/80、f9.0、-0.70EV、23mm、RAW
(渋谷区本町2丁目/不動通商店街で)





_1502_1
ISO200、1/10、f10.0、-1.00EV、31mm、RAW
(渋谷区本町6丁目/帝京短大近くで見つけた地形図に載っていない路地の一つ)




_1498
ISO200、1/80、f6.3、+0.30EV、28mm、RAW
(渋谷区本町1丁目/古い倉庫に描かれた騙し絵)





PENTAX PEOPLEに参加しています !!

|

« 雨上がりの下北沢で | トップページ | 大久保通り沿いの小径で »

渋谷区」カテゴリの記事

コメント

この扉も絵ですか?ひょっとして亀裂も作り物?何の為の物 アート?面白いですね。

投稿: 遍路人 | 2006年9月19日 (火) 17時27分

>遍路人さん
こんばんは。
全体が映っている写真で確認してみましたが、おそらく亀裂も騙し絵の一部です。所有者の息子が美大にでも通っていて、アートしちゃった。そんなところでしょうか。散歩者には嬉しいですね。

投稿: Rambler5439 | 2006年9月19日 (火) 21時04分

水道道路から甲州街道にかけてのエリアは、確かに『いい物件』は少ないかもしれませんね。
それにしても、『1/10000地形図の"中野"に描かれている全道路を踏破する上で』とあるのは、『全道路を踏破する』という意思がおありだと理解してよろしいのでしょうか。
……やっぱり、凄すぎます。

投稿: マフィンマン | 2006年9月19日 (火) 22時32分

>マフィンマンさん
こんばんは。
子供の頃から、意味のない意地を張る癖があります。中学2年の夏「今年の夏は一日も欠かさず海で泳ぐ」と宣言、台風が最接近した日にも泳いで漂流したことさえありました。この癖は今も直っていません。
親しい友人たちに「2007年の11月末日までに、1/10000地形図の"新宿"、"中野"、"吉祥寺"に描かれている全ての道を踏破する」と宣言したのが昨年の暮れ。今年の初夏までは順調なペースで地形図を塗りつぶしてきたのですが、東部戦線に戦線を拡大したこともあって、夏以降はほとんど進捗していません。焦ってます!!

投稿: Rambler5439 | 2006年9月19日 (火) 23時03分

凄い宣言ですねえ。
でも、デッドラインまでわずか1年2カ月しかないじゃないですか。んん~、なぜだか自分のことのように私も焦ってきました。

そう言えば、私も若い頃、
▽1年以内にマルセル・プルーストの『失われた時を求めて』を全巻読破する!
▽夏までに野間宏の『青年の環』を全巻読破する!
――と友人に誓ったことがありますが、当然、果たせず、友人も忘れ去って、助かったことがあります。
『失われた~』は30㌻ほど読んで、試合放棄。一方、『青年の環』は、なぜか4年ほど前に再挑戦し、岩波文庫(全5巻)の第1巻を読了しました。
結論。どっちもクソつまらん! 二度と手を出さん!

投稿: マフィンマン | 2006年9月19日 (火) 23時45分

子供の頃からコツコツ努力することのない人間で、最後に周囲を巻き込んでドタバタするのが常でした。たぶん、来年の初秋あたりには連日、日の出から日没まで歩き回ることになりそうです。

投稿: Rambler5439 | 2006年9月20日 (水) 08時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雨上がりの下北沢で | トップページ | 大久保通り沿いの小径で »