« 川風が吹きぬける小径で | トップページ | 青梅街道点描 »

2006年9月 5日 (火)

中野通り点描

当分の間、DA16-45mm/f4.0とM50mm/f1.7の2本立てで行こうと思っています。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

_1677
ISO200、1/800、f2.0、-0.70EV、50mm、RAW
(中野区本町5丁目)





_1676
ISO200、1/160、f2.0、-1.00EV、50mm、RAW
(中野区南台3丁目)





_1678_1
ISO200、1/100、f1.70、-0.70EV、50mm、RAW
(中野区本町5丁目)





_1675_1 ISO200、1/50、f11.0、-1.00EV、20mm、RAW
(中野区南台3丁目)



[2006年9月5日の散歩]
お休み

PENTAX PEOPLE に参加しています !!

|

« 川風が吹きぬける小径で | トップページ | 青梅街道点描 »

中野区」カテゴリの記事

コメント

わ~、私の実家と接近遭遇ですよ。4枚目なんて、見たことあるような、ないような――と思うのは、かつてはこういう物件がいっぱいあって、記憶の底にたまっていたのが呼び覚まされた、ということなんですよね。
東部戦線、西部戦線のイメージは湧きますが、この界隈は何戦線と呼んだらいいんでしょうね。

投稿: マフィンマン | 2006年9月 5日 (火) 22時47分

>マフィンマンさん
中野は残念ながら西部戦線だと思います。というのも、路地の使い方が遠慮がちで、"みんなのもんなんだからよお、遠慮しねえで使っちまおうぜ"といった下町的な図々しさが感じられません。やはり基本的には勤め人の街なのでしょう。

投稿: Rambler5439 | 2006年9月 6日 (水) 01時23分

ビールの看板いい味だしてますねー、この近辺にはいろんな物があるのでしょうね、もっと見せてください。

投稿: 遍路人 | 2006年9月 7日 (木) 00時42分

>遍路人さん
中野通り沿いには、谷根千などと同じぐらいの密度で狭い道が走っているのですが、まだあまり歩いていません。小さな商店街も多い(多かった、と過去形で言うべきでしょうか)ようなので、渋谷区北部の本町、幡ケ谷の小径を歩く終えたら、絨毯爆撃方式で踏破するつもりでいます。

投稿: Rambler5439 | 2006年9月 7日 (木) 07時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 川風が吹きぬける小径で | トップページ | 青梅街道点描 »