« 鉄の華が咲く街 | トップページ | ビー玉横丁 »

2006年8月16日 (水)

暑中見舞い

暑中お見舞い申し上げます

昨日、新富町や湊の街を眼にして舞い上がり、昼飯を食うのも忘れて7時間ぶっつづけで歩いてしまった報いで、両脚の筋肉はパンパン。で、今日は完全休息日といたしました。週末には天気も回復に向かうとの予報。レンズやフィルターを磨きながらルートを検討しているところです。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

_1608
ISO400、1/1250、f4.5、-0.70EV、16mm、RAW
(中央区新富町1丁目/新大橋通り沿いの風景)





[2006年8月16日の散歩]
お休み

PENTAX PEOPLE に参加しています !!

|

« 鉄の華が咲く街 | トップページ | ビー玉横丁 »

中央区」カテゴリの記事

コメント

7時間とは凄すぎる、自分は大体4時間位で、それを週一と手近を一回程です、撮ってきた物の整理に決断の悪さが災いしてアップするものを選出するのに撮影時間のほぼ三倍の時間を費やす有様なのでこれが限界かな?7時間歩いたら2週位寝込むでしょう。

投稿: 遍路人 | 2006年8月16日 (水) 23時05分

>遍路人さん
元はと言えば東北地方の百姓の子孫ですから、単純労働と持久力には自信があったのですが、厄年を過ぎてからの筋力と回復力の衰えはどうしようもありません。それでも時々"ランナーズ・ハイ"ならぬ"ウォーカーズ・ハイ"の状態に陥って無茶な歩きをしてしまい、家に戻ってから深く後悔する羽目になります。

投稿: Rambler5439 | 2006年8月16日 (水) 23時18分

>"ウォーカーズ・ハイ"の状態に陥って無茶な歩きをしてしまい
つい先日、歩きすぎてヤケドしたばかりというのに、懲りませんねえ。
ちょっとお尋ねしたいのですが、この季節は、どんなスタイルで“撮影散歩”されるのでしょうか。
私は、カメラ用の小さなリュックを背負って出かけることが多いのですが、この季節はさすがに鬱陶しく、昨日はカメラ(レンズは18―55㍉)を首からぶら下げただけで撮影散歩しました。

投稿: マフィンマン | 2006年8月17日 (木) 08時01分

>マフィンマンさん
四季を通じて持参するものは一緒です。
まずカメラバッグは、無印良品で売っている布製の小型ショルダーバッグに中仕切のあるインナーを入れて使っています。
ここに、交換レンズ1本、CPLフィルター2枚、予備電池4本、予備SDカード、レンズクリーニング用クロス、ブロア、地図(1/10000地形図を4、5枚程度)、記録用のペン等を入れています。もっとも、最近は折り畳み傘を持ち歩く機会が多く、交換レンズやブロアはなし、というパターンが増えています。

投稿: Rambler5439 | 2006年8月17日 (木) 08時20分

自分が参加している、「東京あるきテクト」より以下のメールが来ました「喜久屋ビル」がどんな物か解かりませんが、興味がおありでしたらご検討下さい、自分は仕事が入っているのと「廃屋」に興味が在りますので参加しません。
▼8月20日(日)より、関連団体<にっぽんmuseum>主催で、「喜久屋ビルを記録する催し」
を行います。
昭和初期に建てられた新富町の「喜久屋ビル(旧回効散ビル=旧全国石油会館)」が取り
壊されることになり、その前に同建物をよく見て記録しながら、その魅力を皆で再認識した
いと思います。 講師は建築写真家、下村純一先生です。
大変貴重な機会ですので是非御参加下さい。写真のスキルに関係なく、どなたでもご参加
いただけます。
日程:
第1回目 8/20(日)  撮影の仕方について解説の後、実際に撮影。また建物を所有されて
いた方にもお話を伺う予定です。
第2回目 8/27(日)   外観および内観(予定)を撮影
第3回目 9/3(日)  作品講評会
各日とも [13:00~15:00]
詳細はこちらをご覧下さい。※ご迷惑になりますので、同ビルには直接お問い合わせなさ
らぬよう御願いいたします。
→http://nipponmuseum.blog39.fc2.com
有料です。

投稿: 遍路人 | 2006年8月17日 (木) 17時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鉄の華が咲く街 | トップページ | ビー玉横丁 »