« ある海辺の田舎町で | トップページ | 陽炎の西新宿8丁目 »

2006年8月10日 (木)

いちばん古い記憶

32年前に死んだ父は善意と優しさの塊のような人間で、お金を稼ぐ能力が皆無だった点を除けば、理想的な父親でした。そんな父に手をひかれて歩いているというのが、日時と場所を特定できる最も古い記憶です。場所は今日ご紹介する台東3丁目に似た地方都市の商店街。1958年3月9日のことで、その日ぼくは4歳になったのでした。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

_1572
ISO200、1/100、f11.0、-1.30EV、29mm、RAW
(台東区台東3丁目)





_1575
ISO200、1/25、f10.0、0.00EV、19mm、RAW
(同上)





_1574
ISO200、1/100、f10.0、0.00EV、23mm、RAW
(同上)





[2006年8月10日の散歩]
お休み

PENTAX PEOPLE に参加しています !!

|

« ある海辺の田舎町で | トップページ | 陽炎の西新宿8丁目 »

台東区」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ある海辺の田舎町で | トップページ | 陽炎の西新宿8丁目 »