« 古民具のような家 | トップページ | 悪天退散 ! »

2006年6月12日 (月)

曇天の下を歩き続けているうちに、どうした加減か"翼"という歌が脳裡をよぎりました。10年前に亡くなった武満徹さんが、珍しく詞まで書いた曲です。

  風よ雲よ光よ 夢をはこぶ翼
  遥かなる空に描く 希望という字を

  人は夢見 旅して いつか空を飛ぶ

  風よ雲よ光よ 夢をはこぶ翼
  遥かなる空に描く 自由という字を

希望と自由 - 共に擦り切れてボロボロになってしまった言葉ですが、見失わないようにして生きていきたいと思います。
さて今日も、古民具のように枯れた美しさを見せる民家をご紹介します。

Imgp0214
ISO400、1/50、f8.0、露出補正-1.00、34mm
(杉並区阿佐谷北)






[2006年6月12日の散歩]
杉並区善福寺2丁目-武蔵野市吉祥寺東町2丁目-吉祥寺北町2丁目-吉祥寺北町1丁目-吉祥寺北町3丁目-吉祥寺北町4丁目-中町3丁目-中町2丁目-西久保1丁目-中町1丁目-三鷹市下連雀3丁目-武蔵野市御殿山2丁目-吉祥寺本町3丁目-吉祥寺本町2丁目-吉祥寺本町4丁目-吉祥寺本町2丁目-吉祥寺本町1丁目-吉祥寺南町2丁目-吉祥寺南町4丁目-吉祥寺南町5丁目-杉並区松庵3丁目-西荻北3丁目-西荻北4丁目-善福寺2丁目。所要時間4時間。



 

|

« 古民具のような家 | トップページ | 悪天退散 ! »

杉並区」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/46627/2191494

この記事へのトラックバック一覧です: :

« 古民具のような家 | トップページ | 悪天退散 ! »