« ドライエリア | トップページ | K100Dの次はDR搭載機だ ! »

2006年5月30日 (火)

死角

1/10,000の地形図を携行するようになって気づいたことの一つに、知悉しているはずの街にすら歩いたことのない小径がたくさん残っていて、思いがけない光景が隠れていたりするということがあります。たとえば図書館の行き帰りに利用している道からほんの数メートル脇道に逸れた所に、ハッとさせられるようなギャラリーがあったり、いつもの散歩ルートと10数メートルほどの間隔をおいて並行している道に、風情のある店構えの古道具屋があったりします。東京という街は侮れません。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

Imgp3886
ISO400、1/25、f7.1、露出補正0.00、16mm
(阿佐谷北2丁目。最低でも10回は通った散歩ルートから10数メートル入った地点にあった喫茶店)




Imgp3643_2
ISO400、1/40、f9.0、露出補正-0.30、16mm
(高円寺南4丁目。高円寺駅の直近にありながら、人気のほとんどない一画)




Imgp3791_1
ISO400、1/60、f8.0、露出補正-0.30、23mm
(西荻北5丁目。この前の道を少なくとも500回以上は通ったはずなのに、入り口が脇道にあったため最近まで気づかずにいたギャラリー)



[2006年5月29日の散歩]
お休み

|

« ドライエリア | トップページ | K100Dの次はDR搭載機だ ! »

杉並区」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/46627/1993214

この記事へのトラックバック一覧です: 死角:

« ドライエリア | トップページ | K100Dの次はDR搭載機だ ! »