« 吉祥寺の春景色 | トップページ | "最後の春"補遺 - 最後の住民 »

2006年5月 8日 (月)

"最後の春"補遺

公団荻窪団地では、単身者向け住棟を除いて引っ越しも終わったようで、そこかしこに寂寥が漂っています。
一昨日の早朝、ファインダーを覗いていると背後から声がかかりました。「初めてここの庭を見た親族や友人たちは、口を揃えて"日本じゃないみたい"と驚いてくれてね。それが嬉しくて、一所懸命に手入れしたのよ」振りかえると、4年前まで住んでいたという老婦人が、懐かしそうに眼を細めていらっしゃいました。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

Imgp3229
ISO400、1/60、たぶんf8.0、露出補正0.00、135mm






Imgp3185
ISO400、1/40、f8.0、露出補正-0.70、34mm






Imgp3398
ISO400、1/160、たぶんf5.6、露出補正0.00、135mm






Imgp3165
SO400、1/100、f10.0、露出補正+0.30、23mm






[2006年5月7日の散歩]
曇天につき、お休み

|

« 吉祥寺の春景色 | トップページ | "最後の春"補遺 - 最後の住民 »

杉並区」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/46627/1707966

この記事へのトラックバック一覧です: "最後の春"補遺 :

« 吉祥寺の春景色 | トップページ | "最後の春"補遺 - 最後の住民 »