« 四谷の隠れ里 | トップページ | 坂町・本塩町の小径 #1 »

2006年3月31日 (金)

ほろ苦い荒川線デビュー

都電荒川線に乗って、三ノ輪橋停留所(路面電車なので"駅"とはいわないらしい)界隈を訪ねました。狙いは、東京都交通局の前身である東京市電気局に吸収された王子電気軌道の本社ビル。朝の光を浴びている勇姿を無事カメラにおさめ、周辺の路地をたっぷり散策することもできました。が、ふたたび停留所に戻る途中、1枚のファイルを消去している最中に老夫婦から道を訊かれ、30秒ほど説明したあと消去の操作を再開したところ、なんと全ファイルを消去してしまいましたorz。おもわず天を仰ぐと、眼にとびこんできたのは今まさに太陽を覆い隠そうとする雲。泡を食って本社ビルに向けて走ったものの間に合わず、トホホな一日になってしまいました。
そんなわけで今日は、三ノ輪橋からの帰路に拾った光景をご紹介します。(皮肉にも尾久まで歩いたところで薄日が射しはじめたのですが、もはや三ノ輪橋まで引き返す気力は残っていませんでした)

Imgp1199
ISO400、1/100、f8.0、露出補正-0.70、60mm
(田端変電所近くの工場)





Imgp1204 ISO400、1/250、f11.0、露出補正-1.00、24mm
(近年では珍しいオーソドクスなデザインが嬉しい)


Imgp1207_1
ISO400、1/160、f11.0、露出補正-0.30、33mm
(電気事業史に輝かしい足跡を残す田端変電所の塀は、隣接住民たちが丹精した花々で
彩られていた)




Imgp1210
ISO400、1/100、f11.0、露出補正-1.30、24mm
(西尾久の住宅地で)

|

« 四谷の隠れ里 | トップページ | 坂町・本塩町の小径 #1 »

荒川区」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

3枚目のお写真のような路地になんでもないように花が植えられている場所…とても見ていていいです。
住んでいる人の心がしのばれるような気がします。

投稿: sunrise | 2006年9月12日 (火) 22時22分

>sunriseさん
花に水をやっていたご老人に、「これがあの田端変電所ですか」と訊ねたところ、破顔一笑、「そう、猪苗代で発電された電気をここで受け取ってたんだ。あんた、詳しいねえ」と嬉しそうに応えてくださいました。地元の誇りだったのですね。

投稿: Rambler5439 | 2006年9月12日 (火) 23時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/46627/1226503

この記事へのトラックバック一覧です: ほろ苦い荒川線デビュー:

» 第1回 東尾久・道カルト王 問題 1 [東尾久の街角から > 城北新交通 周辺紹介 ブログ]
道右側の緑色のトタン塀と曲がった道が「ヒント」 (答えはこのアドレスへ)   ogu-matio@mail.goo.ne.jp 正解{/arrow_r/}東尾久5-32 小宮鉄工所の工場の塀です。熊野前商店街の滝野川 信用金庫の先を曲がった場所です。{/kaeru_thank/} [続きを読む]

受信: 2006年4月 5日 (水) 22時32分

« 四谷の隠れ里 | トップページ | 坂町・本塩町の小径 #1 »