« 魂を育む器 | トップページ | デラシヌマン »

2006年3月26日 (日)

舟町の貴婦人

今日ご紹介するのは、曙橋駅にほど近い舟町にある"SETSU MODE SEMINAR"、伝説のイラストレーター長沢節が創設した美術学校の建物です。けっして富と栄達を追い求めなかった自由人に相応しい質素なたたずまいなのですが、うららかな日射しを浴びている姿は、微睡んでいる老いた貴婦人を連想させます。

Imgp0882
ISO400、シャッター1/200、絞りf10.0、露出補正-0.30、焦点距離24mm
(新宿区舟町)




Imgp0885
ISO400、シャッター1/200、絞りf10.0、露出補正-0.30、焦点距離26mm
(新宿区舟町)




Imgp0892
ISO400、シャッター1/200、絞りf7.1、露出補正0.00、焦点距離43mm
(新宿区舟町)

|

« 魂を育む器 | トップページ | デラシヌマン »

新宿区」カテゴリの記事

コメント

これが有名なセツ・モード・セミナーの建物なのですね。
本当に素敵です。
古びて落ち着いた佇まいに、建物が見てきた光景はどんな風だったのかしらなどと、余計なことまで想像してしまいます。

投稿: sunrise | 2006年9月12日 (火) 22時33分

>sunriseさん
小さな住宅が立て込んだ斜面に、ひっそりと建っていました。持っていたレンズの画角が中途半端で、全体を写せなかったことが今も心残りです。いずれ撮り直そうと思っています。

投稿: Rambler5439 | 2006年9月12日 (火) 22時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 魂を育む器 | トップページ | デラシヌマン »