« 恩寵 #2 | トップページ | 橋上の人 »

2006年3月15日 (水)

AMERICA

昨日、月曜日に写真をアップした冷凍食品工場に最後の別れを告げたのち、大久保通り沿いの小径をたどりました。当初、市谷柳町経由で雑司ヶ谷方面に向かうつもりでしたが、細工町、市谷甲良町、二十騎町、市谷薬王寺町あたりを行きつ戻りつしているうちに雲行きが怪しくなってきたので、急遽目的地を変更、西新宿を目指しました。そして河田町をほぼ南北に縦断し、市谷台町、富久町を抜けると、期せずして厚生年金会館前に出ました。徒歩でこの場所を通りかかるのは38年ぶりのことです。
1968年6月5日の夜、ぼくはここのホールにいました。そのころ絶大な人気を誇っていたPeter Paul & Maryのコンサートに行ったのです。オープニングのナンバーは、ボブ・ディランがつくった"When The Ship Comes In"だったことを今も憶えています。開演して1時間ほど経ったころ突然3人が舞台から消え、しばらくして沈痛な面持ちで現れたピーター・ヤーロウが、ロバート・ケネディが撃たれたこと、容態が絶望的であることを呟きました。
数年後、NHKがロバート・ケネディに関するドキュメンタリーを放映しました。その中に、大統領予備選を戦っているロバートが、客車の最後尾にしつらえられたデッキに立って演説しているシーンがありました。そのバックに流れていたのがポール・サイモンの"AMERICA"という曲、All Come to Look for America(みんなアメリカを探しにきたんだ)という詞のリフレインで終わるあの歌です。そんなわけでこの曲を聴くと、いつもその日のことを思い出します。14歳でした。

Imgp0062
ISO400、シャッター1/1000、絞りf6.3、露出補正0.0、焦点距離53mm
(新宿区二十騎町)





Imgp0085 ISO400、シャッター1/30、絞りf9.0、露出補正-1.0、焦点距離24mm
(新宿区市谷甲良町)


Imgp0078
SO400、シャッター1/200、絞りf9.0、露出補正-0.7、焦点距離24mm
(新宿区薬王寺町)





Imgp0716
SO400、シャッター1/320、絞りf11.0、露出補正-0.3、焦点距離55mm
(新宿区原町一丁目)

|

« 恩寵 #2 | トップページ | 橋上の人 »

新宿区」カテゴリの記事

コメント

ロバート・ケネディの暗殺のことは記憶のそこの方に眠っていました。
Let us be lovers and marry in a future together...
だったでしょうか。好きな歌です。
Americaってなんだろうってアメリカ人に問いかけるような歌のように思えて。。
なぜ"America"がお好きなのかわかりました。ここまでつくのに沢山途中下車をしました。。

投稿: sunrise | 2006年9月12日 (火) 22時45分

>sunriseさん
退屈なブログを丁寧にお読みいただき、ありがとうございます。今にして思えば、誰もが貧しかったけれども、希望だけは沢山あった時代でした。

投稿: Rambler5439 | 2006年9月12日 (火) 23時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/46627/1038757

この記事へのトラックバック一覧です: AMERICA:

« 恩寵 #2 | トップページ | 橋上の人 »